第61話

迷子
あなた「(キョロキョロ……)


はぁ、どこだろう、ここ…」


ウロウロ



あなた「完璧迷子だよなぁ……
なんで地元で迷子になってんだろ、」



??「ねぇ、あの子迷子かなぁ?」



??「どーだろうな?」



??「先輩、何してるんですか?早く行きましょう。」


??「あれ?あの子すごい可愛いですねっ!
1人でどーしたんでしょうか?」



??「おい、何やってる?さっさと行くぞ」



??「いやぁね、迷子がいるんだよねぇ」



??「迷子だと?

ん?あれは、あなたじゃないか?」



あなた「ん?誰かに呼ばれたような…


あれは、(パァッ✨)若利くんっ!!!」


??「ぅぇ!?若利くん知り合いなのっ!?」



牛島「あぁ、黒尾あなただ。1回だけ中学と高校のユース合宿が一緒になってな、その時知り合った。」



あなた「若利くん久しぶりだね!!
何してるの??」


牛島「ロードワーク中だ。」



??「あなたちゃん?俺、天童覚!仲良くしてねェ!」


??「俺は瀬見英太だ、よろしくな!」



??「こんな奴ほっといて行きましょうよ、」



天童「賢二郎もほらぁ、ちゃんと挨拶して〜」



??「嫌ですよ、なんで初めて会った人に名前を教えなきゃいけないんです?」



瀬見「お前、その言い方はないだろ。」



天童「あ、分かったぁ、若利くん取られたみたいで悔しいんでしょ?」



牛島「天童、俺は物じゃないぞ」



天童「分かってるよぉ若利くぅん」



牛島「それと白布、あなたは俺の友人だ。
怪しい者ではないぞ。」


あなた「…え!?私怪しいと思われてたのっ!?」


??「……白布賢二郎だ。」




??「ぁ……あのっ、!俺!五色工って言います!!1年です!連絡先交換しませんかっ!…///」




あなた「あ、私黒尾あなたっていいます!
連絡先ですか?」


五色「だ、ダメかな??(ウルウル」



あなた「(え、かわい)
ううん!しよう!交換しよ!」



天童「ねぇねぇ、俺もいい〜?」


瀬見「俺も!」


あなた「あ、はい!もちろんです!」


天童「若利くんと賢二郎はいいの〜?」



牛島「俺はもう持っている。」



白布「いりません。」



あなた「(私、なにかした…?すごい嫌われよう……)」


天童「あなたちゃんさぁ〜、こんな所で何してたの??」



あなた「じ、実は……迷子でして、」



天童「……どこから来たの?」



あなた「烏野です…」



瀬見「地元だなぁ…(苦笑」



天童「ブッヒャヒャヒャ!!!!地元で迷子になってるの!?ブフッ笑」



あなた「天童さんっ!笑い過ぎです!…///」



天童「ゴホッ……ご、ごめんねぇ笑」



瀬見「それで、どこに行きたいんだ?」



あなた「ここなんですけど…」



天童「……なぁんだっ!すぐ近くじゃん!」



瀬見「良かった、」



五色「あのっ!俺送っていきまsーーー
牛島「俺が送ろう」」



天童・瀬見「「……え!?」」



天童「若利くん珍しいねぇ…」



牛島「??友人だからな」



白布「牛島さんが行くくらいなら俺が行きます。」



五色「な、なんでですかぁ!俺行きますって!!」



グイッ


あなた「おわっ!」



白布「行くぞ」



あなた「あ、あの!皆さんありがとうございましたぁ!!」


━━━━━━━━━━━━━━

トコトコトコ

あなた「…あの、すみません、送ってもらっちゃって……」



白布「牛島さんのためだ、別にお前のためじゃない」


あなた「……


若利くんかっこいいですよね、」



白布「っ!!!!

エースだからな、当たり前だ」



あなた「白布さんはセッターですか?」



白布「…なんで分かった?」



あなた「いや、指とか爪先まですごくキレイに手入れされているので…」



白布「(よく見てるな…)そうだ


お前は、どこのポジションなんだ?」



あなた「っーーー、ウィングスパイカーでした」



白布「……なんで過去形なんだ?」



あなた「今は、選手じゃないので……」



白布「そうなのか、なんか、悪いな」



あなた「いえっ!!謝らないでください!」


トコトコトコ

白布「着いたぞ、」



あなた「ほんとにわざわざありがとうございました!!今度何かお詫びしたいので、若利くんとかのスマホからでもいいので連絡ください!

失礼します!!」



白布「おい、」



あなた「はい?」



白布「牛島さんにスマホなんか借りれるわけないだろ……だから、交換してやる」



あなた「パァッ✨はいっ!!!」


ピコンッ


あなた「じゃあ、空いてる日とかに連絡ください!」



白布「……気が向いたらな」



あなた「フフッ笑わかりました笑」



白布「じゃあな」



あなた「ほんとにありがとうございましたっ!」