第107話

新しい烏野
パシュ


影山「あ"、」



ターンターン……



まぁ、そんな上手くいかないよね…笑



澤村「そんな時こそ、」



田中「先輩の出番ですな!」



か、かっこいいーー!!



バシッ


日向「ワンタッチ!」



影山「…っ!」


バシュッ



西谷「…オーライ!」



西谷先輩!



西谷「(ポフッ)」



へ、変な音した!


小見「…っ!」




菅原「…リベロのトスから、エースの、」




東峰「…ぅ!!」



バシン!!



菅原「バックアタック!!」



武田先生「歯車…2つ目!」



ダァン



菅原「アウトかぁ!」





あなた「西谷先輩!!ナイストスです!
旭さんもナイスキー!!✨✨」



西谷「おーう!!!」




東峰「あ、ありがとう、アウトだけどね…笑」



澤村「ネガティブか!」



烏養コーチ「それでいいぞ!ガンガンいけ!!」


ーーーーーーーーーーーー

バシン!!


澤村「今!!」



シンクロ攻撃だ…



澤村「(全員が、トスは自分に上がると信じて突っ込め!!)」



パシュ



田中「うぉーしゃ!」



バァン!!



ピッ



田中「うぉっしゃ!!!
スパイク決まる、まじ気持ちいい……」



あなた「田中先輩っ!!ナイスキーー!!✨」



田中「サンキュ!!!」



ふふふ…



木兎「赤葦…あなたがすごいドヤ顔でこっち見てくる…」



赤葦「はい、普段は可愛いのにあーゆう顔は黒尾さんそっくりですね…」




聞こえてるから!!




…それにしてもすごいなぁ



みんなかっこいい!



武田先生「歯車…3つ目!」


ーーーーーーーーーーーー

パアン



おぉ!蛍くんまた木兎さんのスパイク触ってる!!



ダァン



烏野「「「「「「っしゃあ!」」」」」」



ピーーーーッ(タイムアウト)



烏養コーチ「4番を抑えられば勝機が見えてくる!」



赤葦「…苦戦してますが、うちらは烏野の多彩な攻撃に惑わされずに落ち着いてやっていきましょう。」



梟谷「「「おぅ!」」」


ーーーーーーーーーーーー

バシン


梟谷「「「っしゃあー!!」」」



木兎「よぉーーし!俺のサーブで突きはなーす!!」



梟谷「木兎ナイッサぁ!」



木兎「っしゃ!行くぞおら!」



バシン


バシュッ


木葉「ぶぉぉー!」



木兎「ちっくしょぉー!すまんー!」



小見「1回落ち着け〜」



赤葦「木兎さん、どんまいです」



お、お?これは、もしや…



しょぼくれモードかなぁ?(ニヤニヤ)



バシン



パシュ



ダァン



木兎「俺によこせ!1本できってやる!!」



赤葦「木兎さん!」


パシュ


木兎「っしゃあ!」



バシュッ


お!止めた!



小見「オーライ!」


バシン


木兎「もう1回だ!赤葦!」



赤葦「…っ!お願いします!」



パシュ



木兎「しゃぁー!!」



東峰「今度こそ止めるぞ!」



バシン



あ…



赤葦「(…げっ)」



ターン



烏野「「「「「っしゃあ!」」」」」



ネットに当たった…



これは、やばいんじゃない?赤葦くん…笑



木兎「…赤葦、




今日はもう俺に上げんなっ!!」



梟谷「「「「「(でたぁー、木兎しょぼくれモード)」」」」」



やっぱりしょぼくれモードだ!



あなた「(ニヤニヤ)」




木葉「…なぁ、あなたがめっちゃにやにやしながらこっち見てくるんだけど、」



小見「試合中だからあなたに頼めねぇしな…」



赤葦「……分かりました。」



木兎「えっ、」



赤葦「じゃあ上げない間に落ち着いてくださいね。」



澤村「よく分かんないけど、向こうのエースは不調っぽい!たたみかけるぞ!」



烏野「「「「「しゃぁ!!!」」」」」



でも、木兎さんがしょぼくれたところで…



バシン



赤葦「ナイスキーです。」



バァン



梟谷「「「うぇーい!」」」



簡単には崩れてくれないんだよなぁ…



ドシャッ



月島「(単体で木兎さんより怖い人はいないでしょ)」



うぉぉー!!



菅原・日向・山口「「「ドシャッとぉー!!」」」



あなた「蛍くんナイスブロック!!」



あと1点でデュースだ!



バシン



バァン



赤葦「ナイスレシーブ!
(木兎さんが打ちたくてソワソワしだす頃…)」



木兎「(ソワソワ)」



パシュ



月島「…っ!」



ここで木兎さん…



赤葦くん、いい性格してるなぁ…



梟谷「「「(おいしいところはくれてやる!
だから、







さっさと復活しろ!エース!!)」」」




バァン!!!!



…さすが赤葦くんだなぁ



木兎さんを使うタイミングが完璧すぎる



しょぼくれモード入ったから、勝てるかもとか思ってたけど…



木兎「ふふ、ふふふ、

やっぱ俺さいきょーう!!へいへいへーい!!」



梟谷「「「へいへいへーい…」」」



ーーーーーーーーーーーー

あなた「結局最後も負けちゃいましたね…」



清水「うん、でも、今までで1番いい試合だった…」



あなた「ですね!!」



谷地「みんなの新しい攻撃も決まりましたもんね!!」



あなた「仁花、翔陽と飛雄の速攻見て、すごい喜んでたもんね!(ニヤニヤ」



谷地「あ、あれは!その、…///」



あぁ!可愛い!!!



澤村「それじゃあ、合宿最後のペナルティー!
フライング1周!」




烏野「「「「おーす!!」」」」