第85話

フクロウとの再会
あなたside

??「あなた、久しぶり」


んん?



あなた「あ、赤葦くん!?」



赤葦「そうだよ、ほんとに久しぶりだね?」



あなた「うん、うん!!久しぶりだ!!」



そっか、今日は梟谷もいるんだった!!



……ん?




ってことは……



??「へいへいへーい!!!」



うぅ、やっぱり



ドサッ



あなた「ぐはっ……」



お、重い……



??「あなた久しぶりだなぁ!会いたかったぞぉ!」



あなた「ぼ、木兎さん重いですよ!」



木兎「俺に会えなくて寂しかったかぁ!?」



え、何?この人、人の話聞かないの!?



あなた「さ、寂しかったですけど、とりあえずどいてください…」



重いんだってば!!



木兎「お、悪かったな!」



ヒョイッ



…は?、なんか抱っこされたんですけど…?




あなた「えーと、木兎さん?」



木兎「ん?なんだ!」



あなた「なんで私は抱っこされてるんでしょうか??」


木兎「俺が抱っこしたいからだ!」



おぉ、相変わらずだ



やっぱり木兎さんは木兎さんだ…



黒尾「うぉい!木兎!あなた下ろせよ!
いや、下ろすな!俺に渡せ!」



っはぁ!?なんなの!?頭おかしいの!?



木兎「渡すわけねぇだろ!あなたは俺のだからな!」



赤葦「木兎さん、何言ってるんですか?あなたは俺のです」




黒尾「はぁ!?2人とも何言っちゃってんの!?あなたは俺のですからぁ!!」




あぁ、だめだ、抵抗するだけ無駄だ…




赤葦「ほら、早くあなたを俺に返してください。いつまで抱っこしてるつもりなんですか?」



おう…唯一まともだと思ってた赤葦くんまで…



黒尾「だーかーらー!あなたは俺のだっての!」



早く解放してくれないかな…



澤村「おい……あなたを返せ…」



ひっ、す、すごい怒ってらっしゃる…



し、知ーらない…私悪くないから、



木兎「あーもう!2人共うるさい!あなたは俺のなの!」



ガシッ



木兎「へぁ、?」



澤村「いい加減にしろよ?お前ら…ニコ
あなたは俺たち烏野のだ……」



こ、これは私が怒られないためにすることは…



あなた「だ、大地さん〜怖かったです…」



必殺!私も被害者ですアピール!



実際被害者だしね!?



澤村「木兎…?」



おぉう、無言の圧がすごいよー?



木兎「す、すみませんでした……」



ヒョイッ



あ、抱っこはされたままなのね?



下ろしてくれないのね?



澤村「…ほんとにお前は……ふらふらするな!」



うぇぇ!?けっ、結局!?結局私も怒られるの!?


あなた「え!?ふらふらなんてしてませんよ!そんなことより、下ろしてくれないんですか??」



澤村「またすぐどっかに行くからだめだ」



そ、そんな……



澤村「ほら、烏野のとこ行くぞ」



あなた「はーい……」


━━━━━━━━━━━━━━

田中「時間的にあれが今日のラスト試合か?」



西谷「そうだな…」



翔陽と飛雄が入って、勝てるようにはなった…




でも、さすが強豪…




翔陽と飛雄の速攻を止めるまではいかないけど、触られていた…




速さに慣れるのも早い…か



翔陽が空中でボールをコントロールできれば…



でも、私が言っちゃダメだよね…



自分で気づかないと…!



赤葦「あなた、ちょっといい?」



あなた「あ、赤葦くん!いいよ!
どうしたの?」



赤葦「それが、さっき烏野の主将さんに怒られて木兎さんがあんな感じなんだよ」



木兎「イジイジ……」



あー、懐かしいなぁしょぼくれモード…



高3になってもあるんだ…



あなた「分かった!任せて!」



スタスタ



あなた「木兎さーnーーーー」



??「あなた!」



ん?



あなた「木葉さん!!」



木葉「よっ!ほんとに久しぶりだなぁ!
元気だったか!?」



あなた「はい!元気ですよ!
小見さんはいないんですか??」



木葉「いるぞ!おーい、小見〜」



小見「ん?お!あなたじゃん!」



あなた「小見さん!久しぶりですね!ニコ」



木葉・小見「(相変わらず可愛い!!)」



あなた「あれ?小見さん身長伸びました?」



小見「お、分かるか!?」



あなた「はい!前より目線が高いですもん!」



木葉「あなたは相変わらずちっちゃいなぁ笑」



あなた「んな!?わ、私だってちょっとは伸びたんです!!」



小見「お!いくつ伸びたんだ??」



あなた「ご、5mmくらいですけど…



木葉「……っ!かっわいいなぁ!あなた!」



ワシャワシャ



あなた「わ、わ!もう木葉さん〜笑」



赤葦「(な、木葉さんと小見さん何やってるんですか!?木兎さんが見てますって…もう、俺知らない、)」



木葉さんと小見さん、ほんとに久しぶりだなぁ




相変わらず優しい!




……なんか、視線を感じる…




チラッ



木兎「ジーッ」



あ、やばい、忘れてた



木葉さんと小見さんに会えたのが嬉しすぎて頭から飛んでた



あなた「ちょ、ちょっとすみません💦」



小見「え、もう行っちゃうのか??もっと話そーぜ?」



あなた「ぼ、木兎さん見てください((ボソッ」



木葉・小見「よろしくお願いします」



うぅ、やっぱり…



絶対赤葦くんが行った方がいいんじゃ…?



チラッ



赤葦「(👍🏻)」


いや、👍🏻じゃなくて!!



はぁー、行くか、



あなた「ぼ、木兎さーん?」



木兎「…なに?木葉たちと喋ってればいいじゃん!フンッ」



フンッって……



あなた「私、木兎さんともお喋りしたいな…?」



木兎「……。」



…奥の手使うか、?



あなた「さ、さっき木兎さんに抱っこされた時嬉しかったなー(棒)
も、もう1回してほしいなー(棒)」




さ、さすがに無理があったか……?




木兎「そ、そうなのか!?嬉しかったのか!?」



あ、いけるんだ、



あなた「はい!」



木兎「へいへいへーい!!!
何回でもしてやるぞ!!」



ヒョイッ



あなた「う、うわぁ、高くて嬉しいな〜」



ふ、復活したのはいいけど、どーやって下ろしてもらおう…



全員「(木兎いいな…俺もしょぼくれモード作ろうかな……)」



白福「ご飯ですよ〜」



助かった!!!



ていうか、雪絵さんだ!



相変わらず可愛いなぁ……



あなた「ぼ、木兎さん!ご飯一緒に行きましょ!」



木兎「おう!」




ストッ



や、やっと下りれた……



赤葦「お疲れ様です、ありがとうございました」




あなた「赤葦くん…木兎さんのしょぼくれモード、赤葦くんならどうにかできたよね…?」



赤葦「あなたさんの方が喜ぶと思うので…」



あなた「それはよくわかんないけど、とりあえず元に戻ってよかった」



赤葦「あ、抱っこされるの好きなら俺がしてあげますから言ってくださいね?」



……?何言ってるんだこの人、



あなた「いや、あれは仕方なくだよ…」



赤葦「そうでしたか、残念です」



んん??赤葦くんなんか変?