第45話

バレー部の父
~バレー部の寮~

inリビング


澤村「……それで?

詳しく説明してもらおうかな?」



あなた「え、いや、あのほんとになんでもなくて……」


田中「……ちょっと、あなたが可哀想っすよ!大地さんの圧いつにも増してやばくないすか!?」



菅原「じゃあ田中助けてやれよ、俺には無理だ、」



田中「それは無理っす」



あなた「(聞こえてるよっ!!
助けられないなら期待させるようなこと言わないでくださいよ……)」



澤村「あなた??((圧」



あなた「ひ、ひゃい!」



澤村「襲われたってどういうことだ?」



あなた「あ、あのですね、この前1人でコンビニに行った時の帰りに、知らない男の人に後をつけられまして……」



澤村「ほぅ?」



あなた「そ、それで、危うく襲われそうになったところを及川さんと岩泉さんが助けてくれたっていう感じです…」




澤村「なるほどな……



あなた?」



あなた「は、はい、」



澤村「まぁ、反省してるみたいだし、縁下に電話で助けを求めていたわけだし、今回はこのくらいにしといてやる」



あなた「パァッ!!✨」



澤村「ただし!」



あなた「(ビクッ)」



澤村「前も言ったが、1人で出かけない!」



あなた「はい!」



澤村「出かける時は必ず誰かに言う!」



あなた「はい!」



澤村「もし何かあったらすぐに連絡!」



あなた「はい!」



澤村「分かったか……?((圧」



あなた「わ、分かりました……!」



澤村「よし。」



菅原「あなた〜!おつかれ〜


ヨシヨシ」



あなた「スガさん〜泣


大地さん怖かったです……」



澤村「なんだ……?」



あなた「なんでもないですっ!!



ハァ…」



縁下「バカだなぁ笑」



あなた「あんなに怒られるとは、、」



田中「大地さんもあなたが心配なんだよっ!
もちろん俺も心配してるぜ!」




あなた「でも、もう私高校生ですよ??

大丈夫ですyーーーー

澤村・縁下「そんなこと言ってこの前危険な目にあったのは誰だ?……ん?((圧」



あなた「私です……すみません」



菅原「あなたも学習しないなー笑」



あなた「大地さんも縁下先輩もお父さんみたいですね!!」


澤村「…はぁ。もうそれでいいよ、笑」



菅原「大地、お疲れ様笑」