無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

○○しないと出られない部屋 〜大雄〜
髙木side
なんか、分かんないけど、有岡君と密室になってる部屋に閉じ込められてるんだけど。


俺、なんか、したかな?



・・・・・・・・・・・・・や、そんな記憶ないんだけど。



え、も〜怖いんだけどぉ←オネェ発動←




有岡「どーやって、出よう」


髙木「ね」


有岡「ドアノブを何回も回して、ドアを押したけど、開かなくて、部屋の辺りを見渡してもなーんにも、無くて・・・・・・今、絶体絶命」


髙木「ほんとにどーしようね」


有岡「母さんに電話したいけど、スマホがココにないし・・・・・・あ〜どうしたらいいんだ!」





[パサッ]







有岡「なんか、紙が落ちてきたんだけど」


髙木「なんか、書いてあるんじゃない?」


有岡「お!当たってる」


髙木「え!ほんと!」


有岡「うん!」


髙木「で、内容は?」


有岡「えーとね〜(内容を見る)紙に書いてあるお題をしなくちゃいけないんだって」


髙木「お題書いてある?」


有岡「(裏を見る)ううん。 書いてない」


髙木「え、じゃあ、出来なくない?」


有岡「また、落ちてくるんじゃない?」


髙木「あ〜そーかもね」




そんな話を3分してたら






[パサッ]






有岡「落ちてきた」


髙木「なんて、書いてあるんだろう」

髙木「なんか、怖いね(苦笑)」


有岡「怖いな(内容を見る)カーテンの中でバックハグからの顎クイからのKissだって」

有岡「お題が3つですね」


髙木「え?カーテンなんか、なくね?」


有岡「わ!いつの間にあったの!?」


髙木「ってゆーか、Kissしなきゃダメなんだ////////」


有岡「よし!やるか!」


髙木「・・・・・・・ぅん///」





そして、カーテンの中に入り、いきなりバックハグをして、顎クイをして、Kissをした////////


いきなり過ぎません/////




有岡「どう?ドキドキした?」


髙木「するよ///好きな人だもの////」


有岡「かーわい(ゆうやんの頭を撫でる)」


髙木「//////」




[カチャ]




有岡「あ!開いたね!」


髙木「ふふ、やっと出れるね〜」


有岡「だな!」





❦ℯꫛᎴ❧

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

るんにゃん
るんにゃん
どうも、るんにゃんです! 名前の由来は大ちゃんがにこるんの格好をして呼ばれてたありるんのるんとファンの子に呼ばれてるひかにゃんのにゃんを合わせたんです、はい。 キチガイですいません。 後、嵐とHey!Say!JUMPとジャニーズWESTが大す貴なんですよ! 後、バリバリ腐女子です。 なので、ぼーいずらぶらぶしか書けません← そして、アニメも好きです! YouTuberも大好きです! 好きなYouTuberは レトルト君にキヨ君にフジ君に こーくさんにスマイリーさんに KAITO君になろ屋さんにみねっとさんに ちゃん丸さんにコアラさんに はやスマさんにたくっちちゃんに りおららちゃんが大す貴です! そして、今、気になってるジャニーズはKing&Princeとなにわ男子とSixTONESとTravisJapanとSnow Manです。 好きなコンビは嵐ではにのさくでJUMPではありひかでWESTではしげじゅんです。 ちなみにコンビではないのですがなにわ男子とSixTONESとKing&Princeの好きな推し、担当を言います。 なにわ男子では西畑大吾君と大西流星君と大橋和也君と長尾謙社君が好きです! 多くてごめんね! King&Princeでは岸優太君が好きです! あの天然バカっぷりと歌声とピュア過ぎる所が好きです! SixTONESでは髙地優吾君が好きです! メンバーみんな面白くて好きなんだけど髙地優吾君の笑顔がね好きなんです!
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る