無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1💙❤️
全員「まいど!」


大吾「さぁ始まりましたまいど!ジャーニー今回はこのメンバーで盛り上がって行きましょー」

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
Lilかんさい
西村拓哉
Aぇ! group
正門良規
末澤誠也
なにわ男子
西畑大吾
大西流星
道枝駿佑
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
大吾「今回のテーマはこちら〜!」

《男らしさ5》


ファン「キャー」


少し飛ばします!

大吾「では続いて正門!テーマは?」

良規「社内の女の子が困っていてそこで色々教えてあげる見たいな感じで」


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
大子「どうしたらここがここに添付されるのかしら?」

良規「あ!大子ちゃんおつかれー」

大子「良規くんお疲れ様」

良規「どうしたん?」

大子「ここに添付されないの明日までなのに」

〜後ろから〜
良規「ここはーこれを押してこうすると出来たー!」

大子「なるほどーそこはそうするんだね!」

良規「他は?わかる?」

大子「もう無い!ありがと!」

良規「それはそれで困るんやけどね」

大子「え?なんで?今わかったよ?」

〜バックハグ〜
良規「大子ちゃんにやったらなんでも教えてあげたい」

----------------
誠也「しゅーりょー大吾どうやった?」

大吾(なんか心が変な感じやな〜)
「なんか同期にこんなんされるんなんかはずいw」

駿佑「正門くんはどうでした?」

良規(大吾ほんまはどう思ってるんやろ?)
「大吾に照れてもらえて嬉しかったw」

大吾「照れたけどなー言わんでええやろ〜」

拓哉「まさにしは置いといて次行きましょー」

流星「はよ行こー」

大吾&良規「おい!w」

〜収録終わり〜
良規「せーやくーん!」

誠也「どーした?」

良規「俺嫌われてないですよねー?」

誠也「大丈夫やwああ見えて大吾正門のこと好きやから」

良規「恋愛?」

誠也「さぁー?w」

良規「ちょと〜w話乗ってくれてありがとうですでは〜」

誠也「おう!」
「ほんまにもー2人して…」


〜30分前〜
大吾「せーやくん!」

誠也「何ー?」

大吾「なんか正門に胸きゅんされた時なんかめっちゃキュンってしたんですよ!これってなんですか?」

誠也「大吾それはーおれは分かるけどあえて言わんとく!」

大吾「えーなんでなんすか?w」

誠也「でもひとつ言うとくと多分正門も同じ気持ち持っとると思うでー?」

スタッフ「西畑さん!ちょっといいですか?」

大吾「はーい!今行きます!せーやくんありがとうございました〜」

誠也「全然ええで〜」

大吾「なんなんこれどゆこと?正門も一緒って…ボソボソ」

誠也「www」

---------------------------------------
お待たせすぎました🙏
ちなみに()は心の中やと思っといてください!
NEXT ついに大吾が気持ちに気づく!?
リクエスト募集中です!
❤️と🌟よろしくお願いします!!