無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

4💙❤️
〜週末〜
大吾「よ!遅なってごめん!」

良規「大吾と出かけれるって考えたら全然苦でもない!」

大吾「なー?1個いい?」

良規「ええよ〜どしたん?」

大吾「今日だけまさちゃんって呼んでもええ?」

良規「ええけどこっちの心臓持つかねwじゃあ俺からも!」

大吾「ん?」

良規「俺も今日大ちゃんって呼んでいい?」

大吾「うん!あ!そういや今日なにわのメンバーもどっか行くって言っとったでw」

良規「ばったりあったりしてなw」

大吾「今日は会いたくないわー」

良規「なんで?」

大吾「だってまさちゃんとの初めてのデートやもん!」

良規「可愛い(///ω///)♡」

大吾「まさちゃんどしたん?大丈夫?」

良規「大丈夫やから行こか?」

大吾「おん!」

〜一方なにわ男子〜
和也「今日大ちゃん出かけてるから俺らだけで行こかー」

謙杜「そーですね!」

恭平「ばったりあったりしませんかね?w」

丈一郎「ないやろこんなに日本広いのにw」

駿佑「ですよねw」

〜ショッピング〜
大吾「まさちゃんなんかオソロ買わん?」

良規「大ちゃんそれええね!何する?」

大吾「ネックレスとかどー?」

良規「ええね!仕事以外ずっとつけとくわ!」

大吾「え!じゃ俺もー」

〜少したち〜
和也「なぁ丈くん丈くん」

丈一郎「声大きいわ」

和也「あれ大ちゃんと正門ちゃう?」

流星「ほんまや!」

大吾「なんか視線かんじんねんけど…」

良規「あー!」

恭平「お邪魔します〜」

大吾「まじのお邪魔なんですけど〜w」

謙杜「みんなでどっか行きませんかー?」

駿佑「そーしましょー!」

大吾「今日だけな…」

ここからみんなで遊んだそうですそして大吾さんは少しいじけてたそうですw
----------------
遅なってごめんなさい!
NEXTまさかの…
お願いですほんとにアイディアください!ほんとにお願いします!