無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

2❤️💙
振付師「今日から京セラのリハ始めるで〜」

流星「いよいよやね〜」

誠也「そーやなー」

斗亜「最初何するんですか?」

振付師「まずはグループのメンバーもバラバラで先輩の歌を歌うとこあるからメンバー決めてくれるかー?」

丈一郎「分かりましたー」

〜少し飛ばします!〜
リチャード「最後brotherやな〜」

琉巧「そーですね!」

良規「残ってんの誰です?」

大吾「西畑と正門と丈くんとリチャくんが残っとるで」

謙杜「じゃその4人さんでいいじゃないですか?」

彪太郎「そーですね!」

丈一郎「じゃ各自やってなー」

全「はーい」

良規「大吾やろ〜」

大吾「おん!」

良規「そーや最初の時デコをつんってしーひん?」

大吾「ええよ〜」

良規「じゃ通す?」

〜🎶
誠也「大橋ってあの2人の関係知ってる人?」

和也「まぁ気づくよね?」

誠也「せやな〜」

和也「そろそろ大ちゃんも気づくと思うで!」

誠也「そーやんなw」

和也「ほら言ってたらきたで」

大吾「せーやくんとはっすん〜」

誠也「おーどした?」

大吾「この前の言ってたやつ分かりましたー」

和也「どやった?」

大吾「もしかして俺正門に恋してます?」

誠也「せーかいw」

大吾「俺どうすればー」

和也「告るっていうのもひとつの手やと思うで?」

誠也「1回やって見たら?それで無理って言われらたまたこい」

大吾「分かりましたーやってみまーす!」

大吾「な〜正門〜ちょっとええ?」

良規「ええよ〜」

大吾「俺が正門のこと好きって言ったら困る?」

正門「…」

大吾「やっぱ困るよな…」

良規「違う!」

拓哉「正門くん何が違うんですか?」

流星「めっちゃびっくりしてんけど」

正門「あーあごめんなんもないから続けて〜」

大吾「正門声大きいw」

正門「俺も好きやねん大吾のこと」

大吾「まじ?!」

彪太郎「次は大吾くんどしたんですか?」

恭平「もーそこまでまさにしせんでもええですからwww」

晶哉「それな〜w」

大吾「ごめんごめんw」

正門「でどうする?」

大吾「ちなみにみんなに秘密で付き合って!」

正門「よろしくお願いします!」

大吾「やったー」

♡ぎゅー(((。•ω•(ω•。 )))ーっ♡
大吾「ちょ正門ー!」

駿佑「まさにしついにそこまで来ましたかw」

正門「せやねん羨ましいやろ?」

大吾「うるさいわw」

和也「俺丈くんおるしー」

丈一郎「今日だけゆるしたる」

斗亜「今日みんなどうしたんですか?w」

琉巧「さぁ〜?」
----------------------------------------

少し長くなりましたーごめんなさい🙏
お願いしますリクエストください!
NEXTすえはしに報告!
次は多分短いですw
❤️と🌟よろしくです!