無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

6💙❤️
大吾「帰りました〜」

丈一郎「飲みもん買いに行った割には遅かったなw」

大吾「すいませんw迷子になりましてー正門呼んでましたー」

良規「行ってましたー」

誠也「そーかw」

リチャ「そーいや谷川さん?やめたって」

良規「何があったんすかこの短時間でw」

和也「え〜なんかー私にはやっぱり無理です!って言って辞めてったw」

大吾「笑い事ちゃうでw」

謙杜「大吾くんも笑ってますやんw」

大吾「モノマネがツボったw」

恭平「今日はもう終わりらしいです!」

良規「そーかじゃ帰るかー」

駿佑&晶哉「さよならー!」

健「帰る気満々やったやんw」

大吾「俺らでやっとくんでみんな帰ってええですよ?」

丈一郎「そーかじゃ頼むわー」

良規「はーい」

〜みんな帰宅〜
良規「な〜大ちゃん?」

大吾「大ちゃんって言うな!って言おうとしたけど2人の時はもうええわw じゃあなにまさちゃん?」

良規「今日大ちゃん家行きたいー」

大吾「うちでも両親おるで?」

良規「俺顔見知りやから全然大丈夫!」

大吾「まさちゃんどんなやつやねんw あ!てか今両親おらんわ旅行でw」

良規「よっしゃー大ちゃんイチャイチャできるー」

大吾「何それ//」

良規「可愛い( *´꒳`* )」

大吾「えへ(∀`*ゞ)エヘヘ」

良規「もー(つ・ω・(-ω-*) ダキッ」

大吾「帰ろー//」

良規「帰ろかー」
-----------------
お待たせしました🙏
NEXT お家デート的な?
台風お気おつけください!