無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

5💙❤️
いつの間にか1000視聴?50いいね30のお気に入りありがとうございます!
皆さんのおかげです!

それでは本編に行ってみよー!
----------------
丈一郎「な〜Aぇもいい?」

良規「ええですよ〜」

和也「なにわに期間限定で新しいマネさんが着くことになりましたー」

マネ「谷川心と申しますよろしくお願いします。」

誠也「どれくらい着くん?」

駿佑「約2ヶ月ぐらいです!」

リチャ「そーかよろしくお願いしますね〜」

良規「大ちゃんどしたん?」

大吾「…」

良規「大吾!」

大吾「おお〜正門どした?」

良規「大吾がどした?やわ大ちゃんって言っても否定せんし呼んでも反応しやんし」

大吾「考え事しとってん」

良規「大丈夫?」

大吾「正門やったら言ってええかさっきのマネさん僕の元カノやねんやんか最近よ〜電話かかって来ててほっといたらこんなことに…」

良規「なんかあっても大丈夫や俺が守ったるだって俺の恋人やろ?」

大吾「おん//」

良規「照れてる大吾可愛い(。・ω・。)」

大吾「うっさいわ/」

谷川「西畑さんちょっといいですか?」

大吾「あ、はい。」

良規「後ろから着いてったる((ボソッ…」

大吾「‪(* ´・ω・))コクコク‬」

大吾「ちょっと飲みもん買ってきますね!」

流星「行ってらっしゃい〜」

〜ちょっとして〜
良規「ちょっとお手洗い行ってきますね」

恭平「はーい」


谷川「大吾くん久しぶりやね〜」

大吾「そうやね」

谷川「ね〜寄り戻したいなぁ〜」

大吾「ごめんそれは出来ん」

谷川「なんでよ!私が1番可愛いのに!」

良規「あ〜大吾おった〜ちょっと振りで聞きたいことあるんやけどいい?谷川さんも」

谷川「あ、大丈夫ですよ」

良規「ごめんなさいね」

良規「大吾大丈夫?」

大吾「怖かった((((;゚Д゚)))))))」

良規「ゆっくりリハ場帰ろか」

大吾「おん」

✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お待たせしました。気づいたことがあってリチャくん全然出てなかったですよね!ほんとにごめんなさい。均等に出しているつもりではいるのですが偏りが出てきてごめんなさい。
❤️と🌟よろしくお願いします
NEXT まさかの続
良い1日になりますように··