第5話

__*
1,638
2021/04/24 08:38
さとみくんにおぶってもらって着いたのは、






…アパート?
あなた
あなた
ここって…
さとみ
さとみ
ライブ前の休憩するとこ。
さとみ
さとみ
今日だけ借りてんの
あなた
あなた
そうなんですね
 
チェっ…お家じゃないのか。


さとみくんにおぶって貰ったまま玄関に入る。
あなた
あなた
お、おじゃまします
さとみ
さとみ
ここ座って


大きなソファーにそっと座ると、挫いた足をさとみくんの膝の上に置かれた。


さとみくんは、絆創膏を私の足に貼ってくれた。
あなた
あなた
ありがとうございます
さとみ
さとみ
あ、そういえば名前なんていうの?
あなた
あなた
あなたです
さとみ
さとみ
あなた…って呼んでいい?
あなた
あなた
/////
あなた
あなた
はいっっ
呼び捨て……っ。


そのとき、





「ガチャっ」
ころん
ころん
ただいまぁぁぁあ!
莉犬
莉犬
さとちゃーん
莉犬
莉犬
先戻るって言ってたけどどうしt…


玄関を勢いよく開けて入ってきたのは、信号組の3人だった。
ころん
ころん
るぅと
るぅと
莉犬
莉犬


私とさとみくんが2人きりで居ることに驚いたのか、3人ともポカーンと口を開けている。
あなた
あなた
……えぇっと、これはその…
ころん
ころん
うわー襲おうとしてる!
るぅと
るぅと
こんなとこでやらないで下さいっ
莉犬
莉犬
そうだそうだぁー
さとみ
さとみ
俺はただ手当てs…



「ガチャっ」
ななもり。
ななもり。
ふぅーお疲れ〜
ジェル
ジェル
つかれたわぁー


大人組参上。
ころん
ころん
なーくん!さとみくんが襲おうとしてて
ななもり。
ななもり。
えっ?
さとみ
さとみ
違うってバカ
るぅと
るぅと
嘘ついちゃダメですよ
さとみ
さとみ
いや本当だから
莉犬
莉犬
そうだそうだぁー
さとみ
さとみ
だから…



このままじゃ喧嘩になっちゃう…



私のせいで…。
あなた
あなた
あの!
あなた
あなた
さとみくんは襲おうとなんてしてません
あなた
あなた
私の足、手当てしてくれただけです
私は挫いた足を指さしながら言った。
 

さっきまで騒がしかった部屋が一気に静まり返った。
ななもり。
ななもり。
そういうことなら仕方ないね!
ころん
ころん
なーんだ
莉犬
莉犬
びっくりしたぁ
あなた
あなた
私帰ります!
あなた
あなた
ありがとうございましたっ


ぺこっとお辞儀をして、カバンを持って部屋を出ようとした。
あなた
あなた
いったぁ…
さとみ
さとみ
まだ直ってないから歩かない方がいいよ
莉犬
莉犬
そうだよ。ゆっくり休んでっ?



ま、まさかっ!



推しとサブ推し両方に心配して貰えるなんて…!




幸せ。
あなた
あなた
でも、皆さんに迷惑かけてしまいますので…
ななもり。
ななもり。
そうだ!せっかくだし一緒にご飯食べようよ!
ジェル
ジェル
もうこんな時間や
 

時計を見ると、いつもなら夕ご飯を食べている時間だった。
あなた
あなた
いいんですか?
るぅと
るぅと
さとみくんが作ってね ♪
さとみ
さとみ
え、俺?
さとみ
さとみ
しょがねーな
莉犬
莉犬
さとちゃんのご飯は美味しいからね!
莉犬
莉犬
あーえっと、お名前なんていうの?
 
少し屈んで私に話しかける莉犬くんは子犬以上に可愛い。
あなた
あなた
あなた です
莉犬
莉犬
あなたちゃんっ
莉犬
莉犬
って呼んでもいーい?
あなた
あなた
はいっ!
さとみ
さとみ
あなたも手伝って
あなた
あなた
はーい
キッチンから私を呼ぶさとみくんの声が聞こえた。





まるで彼女にでもなったみたいで、なんだかワクワクする。






作戦どおり。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まかろにうどん
まかろにうどん
足挫いて絆創膏ってどういうことだよって自分で思ってましたw

プリ小説オーディオドラマ