第66話
















絶対。ジョングクくん嫌がる
















なんてこと考えてたら


ジョングクくんが台所へやって来て









ジョングク
ジョングク
何作んの
あなた

な、ナポリタン......

ジョングク
ジョングク
は、嘘でしょ....






なんて頭抱えてますよ。?



しょうがないから、パスタにしようかな。






あなた

パスタにする?

ジョングク
ジョングク
何の。
あなた

オイル

ジョングク
ジョングク
よしッ。





ジョングクくん嬉しかったみたいです。

















今日も黙って作ります。
















あなた

できましたよ〜

ホソク
ホソク
わーい




そのまま、誰も喋らず



みんな黙々と食べる






あなた

お、美味しいですか?

ホソク
ホソク
うん!
ソクジン
ソクジン
美味いなぁ。
ナムジュン
ナムジュン
あなたちゃんの料理は
すごく美味しいなぁ





それからみんな無言
















みんな食べ終わり


各部屋に戻ろうとした時。













ユンギ
ユンギ
おい。あなた今から俺の部屋来い
あなた

え、あ、は、はい











驟諕さんから、リクエストもらったぁぁ😊

↑自慢です( ˙-˙ )( ˙-˙ )( ˙-˙ )