第60話





















- Jungkook🐰 side -
















車に乗ってる時だって













ヒョンたちと仲良く笑って話してる













あなたを見て、何度も胸が痛んだ















今すぐにでも









「俺もしたい」












って言いたかったのに
















言葉が出ない。














あなたが迷惑するんじゃないか



あなたはジミニヒョン達と遊びたくて

こんな俺とは遊びたくないんじゃないか


あなたは俺のことが嫌いなんじゃないか















なんて沢山考えたけど












最後に出てきたのは
































- 俺はあなたが好き -