無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

3話目
夜の10時
とらじ
いや~まじで俺の彼女かわいい。
とらじ
やばいぐらいかわいい。
ひな
そうだねっ
なんだこいつ。


確かに自分の方が劣っているかもしれない。

ただそれをさっき告白したばかりの人に言うか…?
こんなに性格が悪かったのか。
どうして好きになったんだろう。
いや。まぁ、気持ちは伝えた。


これでいいんだ。


どうせ届かないんだから。
ひな
もう寝よっかな。
とらじ
そっか
とらじ
明日修学旅行だったねw
とらじ
楽しんできてっ!!
ケガとかしないように。
ひな
うんっ。
ひな
それじゃっ
おやすみ
とらじ
おやすみなさい!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひゅな
ひゅな
よろしくお願いします<(_ _)> なんにもわかんないど素人 お気に入りとか嬉しすぎて泣けてくる。。 フォローもありがとうございます😭 これからがんばる〜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る