無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第12話

10話目
時が止まっている気がした。
とらじ
はぁ…
耳に息がかかる…
とらじ
あのな…
ひな
うん。
とらじ
ずっとお前に意地張って自分でもこの気持ちは隠してたつもりなんだけど
とらじ
やっぱごまかせるわけでもなく、
とらじ
あぁ…俺どうしよう
ひな
え…なにがあったの…?
とらじ
俺な…
とらじ
お前のことが好きだ…
とらじ
大好きなんだよっ…
ひな
笑笑
ひな
ありがとっ!嘘つくの上手いねっ笑…
ひな
え…?
くっついていた彼の肩が震えるのがわかる。

鼻をすする音…不安定な呼吸………
とらじ
俺…お前のこと巻き込みたくなくて…それでっ……
私は彼を強く抱きしめた…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

ひゅな
ひゅな
よろしくお願いします<(_ _)> なんにもわかんないど素人 お気に入りとか嬉しすぎて泣けてくる。。 フォローもありがとうございます😭 これからがんばる〜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る