無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

9話目
…話したいことがある





彼はいつもと違って真剣な眼差しでこちらを見ると

私の腕をつかみ人気のない公園に向かった。
ひな
えっちょっと…
ひな
とらじ…??
、、、、
とらじ
ご、ごめん。
とらじ
急に。
とらじ
腕痛かった…?
ひな
いや……大丈夫。
ひな
どうしたの?
ひな
なんかうちもごめんね。
ひな
変な事聞いちゃったね…ごめっ…
んっ…………!!
とても暖かいぬくもりが私を一気に包みこんだ。
とらじ
ちょっとこのままいてもいいか?
ひな
えっ…
彼の声が耳元で聴こえる…


こんな気持ち初めてだ……
ひな
とらじでも…これ見られたら…
とらじ
いいだろっ…
そう言うと私を離さないかのように今より強く
抱きしめた…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひゅな
ひゅな
よろしくお願いします<(_ _)> なんにもわかんないど素人 お気に入りとか嬉しすぎて泣けてくる。。 フォローもありがとうございます😭 これからがんばる〜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る