無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

7話目
放課後……
ワイワイガヤガヤ
私は友達と馬鹿な会話をしながら体育館に入った


体育館にいるのはいつも一緒にやってる卓球部とバド部の2年生だった。

そう。
その中に彼もいた。
まず着替えよう。

私は体育館をあとにしそそくさと出ていった
---------------------------------------------------

とらじとひな組んでダブルス相手してやってー
なんて顧問なんだ。
こいつも空気を読むことを知らないらしい。
とらじ
ダブルスだってぇ!
とらじ
頑張ろぉーwww
ひな
うんー!笑
ひな
きゃっ…
とらじ
あっ…
とらじ
おっと…
とらじ
ほら。大丈夫?
ひな
あぁっ…////
恥ずかしすぎるしかっこよすぎる。


私の顔はりんごなの…?
ひな
ありがと……笑
とらじ
ケガとかない…?
ひな
うん…
とらじ
そっか…なら良かった笑
ひな
笑笑
その眩しい笑顔……


また心が苦しくなる…

息が出来なくなっちゃうんだよっ……//

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひゅな
ひゅな
よろしくお願いします<(_ _)> なんにもわかんないど素人 お気に入りとか嬉しすぎて泣けてくる。。 フォローもありがとうございます😭 これからがんばる〜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る