無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第38話

私とグク君
あの日、私がグク君の彼女だって事を宣言してから



その噂は直ぐに広まった。



嫌がらせを受けて泣いちゃいそう…………



なんて私が言うはずもなく



全員蹴散らしていたら何も言われなくなった。



こんな姿を見たグク君は…………


グク
グク
やっぱり、あなたちゃんはかっこいいよ!!


そう言って目を輝かせた。



ほんと可愛いすぎか!!


グク
グク
これからは皆んなの前で話せるね!!
You
You
そうだね笑
グク
グク
手も繋げるね!!
You
You
繋げますよ笑
グク
グク
…………キスも、していい?
You
You
いいよ


私がこう言えば優しいキスをしてくれた。



こういう時のグク君は誰よりもかっこいい。



私よりもかっこいいんだから!!



その事に気づくのはまだ先の話。



You
You
グク君、好きだよ
グク
グク
僕もあなたちゃんの事が好き


秘密の関係だった私達。



だけど、これからは違うよね?



グク
グク
あなたちゃん!!おはよう!!
You
You
おはよう!!
グク
グク
一緒に学校行こう!!
You
You
うん!!


その人、私の彼氏です

-Fin-