無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

朝の光景
私はいつも一人で学校に登校する。



彼氏がいるのに寂しいやつだって言われても



肩パン1発で許してあげよう。



アンパンチくらいの軽いやつね。



でも……ちょっと寂しいとは思う。

You
You
はぁ、今日もあれを見ないといけないのか


___きゃあああ!!
You
You
朝からうるさ

女子達の雄叫びの先にいるのが…………



私の可愛い彼氏の”チョン・ジョングク”



あそこにいるってことは、絶対バレないようにしないと!!



私は気配を消すというスキルを使ってグク君の前を通過しようと思ったんだけど……


グク
グク
あ、あなたちゃん!!
You
You
げっ


___今日は見つかってしまったらしい。