無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

お昼ご飯は一緒2
私達はご飯を食べてるんだけど……


グク
グク
……いつになったら、僕の彼女って言っていいの?


隣にはめちゃくちゃシュンとしてるうさぎ。



いつって、いつだろう?


You
You
いつかね!!
グク
グク
じゃあ、明日?
You
You
明日、ではないかな笑
グク
グク
…………あなたちゃんは、僕の事嫌い?


うわ。



これはグク君必殺うるうる攻撃。



この顔を見たら、明日言おうって言いたくなる。



で、でもこの顔に騙されたらダメだ!!



You
You
好きだけどダメです
グク
グク
この顔好きだと思ったのに
You
You
私はグク君の顔っていうか全てが好きだからね~
グク
グク
僕も、
You
You
うん


今日は好きって言うのか、チョン・ジョングク!!



グク
グク
このパン好き
You
You
グク君はくっついてくるのに、何故好きと言えないのですか?
グク
グク
…………恥ずかしいから
You
You
好きって言うこと以上の事してるのに?私達週に一回はシて、っう


私の口にパンを突っ込んできた。



勢い強すぎて歯折れるかと思ったわ!!


グク
グク
そう言う事は言わなくていいから!!
You
You
ほんと恥ずかしがり屋だよね笑
グク
グク
あなたちゃんがオープンすぎるんだよ!!


こんな話しをしていたらあっという間にお昼休みは終わってしまう。



次の授業はなんだっけ?