無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

987
2020/09/18

第2話

✧1話 許されないこと
友達
友達
ねぇるぅとって好きな奴とか居ないの~w
るぅと
るぅと
あはは……まだ、いない……ですかね、
友達
友達
えーそーなの?初恋もまだとかwwwクラスになんて可愛子いっぱいいるぜ?今度誰かに告ってみなよ~WWW
るぅと
るぅと
あはは……
また、愛想笑い。







どうしてみんなそんなに恋ばかりに執着するんだろう。
人を愛した所で最後に待ってるのは必ず「悲しみ」の感情なんだから。
































人間なんていつかは必ず「死ぬ」。

































絶対死んでしまうのにどうしてそこまで愛せるのだろうか。














―――――――――――――――――
2023年4月。



僕は中学を卒業して高校生になった。
そして今日はその入学式。







この学校は全寮制。荷物がかなり多くなっていた
るぅと
るぅと
早く寮に入って荷物置きたい…(泣)
莉犬
莉犬
あーー!!!るぅとくん!!!!!!
るぅと
るぅと
うわ!びっくりした、、
莉犬
莉犬
同じ学校で嬉しいよ🎶🎶🎶
こいつは莉犬。
僕の親友
るぅと
るぅと
莉犬僕と同じ学校入るんだって勉強頑張ってたもんね(笑)
莉犬
莉犬
そうそう!それでギリギリ合格ラインだったの〜!ほんと危なかった、、、(汗)
莉犬
莉犬
そういえばるぅとくんと俺同じクラスだったよ!
るぅと
るぅと
お!やったー!!!
ドンっ
るぅと
るぅと
痛っ……す、すみません……
ころん
ころん
あ、ごめん急いでたから……大丈夫?
るぅと
るぅと
(わ、綺麗な人……)
るぅと
るぅと
だ、大丈夫です!
ころん
ころん
良かった。じゃあごめん僕急いでるから
るぅと
るぅと
あ、はい……
誰だったんだろう。




見たことないくらい綺麗な人だった。






これが僕にとっての「ハジメテ」になることも知らずにその人の後ろ姿をずっと眺めていた。
るぅと
るぅと
………荷物置きたい………(泣)





💛💙💛💙
ぬっし
ぬっし
はい!どうでしたか、
ぬっし
ぬっし
下手くそですよねすみませんこれでも私文系ですHAHAHA(((
ぬっし
ぬっし
面白いと思ったらまた続き読んでみてください🐈🎶
ぬっし
ぬっし
それではばいちゃー!