無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

959
2020/09/18

第4話

✧3話 イケナイ気持ち
本当に僕どうしちゃったんだろう……




ガチャ
ころん
ころん
湿布、持ってきた、ぞ、
るぅと
るぅと
あっ………
そのときの僕は上半身が裸の状態だった
るぅと
るぅと
す、すいません暑かったので脱いじゃいました、
ころん
ころん
あ、あぁ、打った方みして


僕も僕でおかしいけどころん先生もなんだかおかしい、、?


















もしかしてホモ…!?
るぅと
るぅと
(まさかね………)






ペタッ
るぅと
るぅと
ンッ………
ころん
ころん
あ、ごめん冷たいよな、
るぅと
るぅと
あ、いえ大丈夫です、
ころん
ころん
……
ころん
ころん
あの、さ
るぅと
るぅと
は、はぃ……
るぅと
るぅと
!?



ドンッ






気づくと何故か僕はころん先生に床ドンされていた
ころん
ころん
お前…それ誘ってんの?
るぅと
るぅと
…え…?
さっきより声が低い




そしてさっきの可愛い顔とは全く違う。







真剣で少しかっこいい顔。
ころん
ころん
だから誘ってんのかっていってんの
ころん
ころん
さっきから可愛い反応ばかりしてくるくせになんで上脱いでるんだよ………ッ
るぅと
るぅと
せん、せい?
カチャ
るぅと
るぅと
!?


先生が部屋の鍵を閉めた
ころん
ころん
どうなっても知らないから
るぅと
るぅと
ちょ、せんせ……ふっ……///
ころん
ころん
チュックチュ……ペチャ
るぅと
るぅと
!?/////ペチャクチュ……
るぅと
るぅと
ぷはっ………
るぅと
るぅと
ちょ……せん……せい……?
ころん
ころん
………悪い忘れて
ころん
ころん
お大事に








パタン………















ころん先生が出ていったドアをずっと見つめていた。



ハジメテのキス、だった。


忘れられる訳がない。



ずっと。ずっと
この先も。