無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

ストーリー36
みずきを寝かせてから…
相葉雅紀
相葉雅紀
智兄ちゃん…みずきの理解力…
大野智
大野智
一気になった訳じゃないんだよ。
少しずつ進んでる…
メンバー全員
メンバー全員
……
櫻井翔
櫻井翔
進んでるとしても、俺達は変わらない
松本潤
松本潤
みずきが教えてくれた事だもんな
二宮和也
二宮和也
だな😊
大野智
大野智
どう言う事?
櫻井翔
櫻井翔
1年の時だったけど…
相葉雅紀
相葉雅紀
学校帰りに、隣町の養護学校の子が迷子になってた事があって…
近くの小学校の生徒に、トイレ入ろうとしたのを止められて間に合わなくて…その時、みずきその子を抱っこして
二宮和也
二宮和也
まだ1年生だったよな?
松本潤
松本潤
抱っこして時は驚いたけど…
みずきは当たり前のようにって言うか自然に抱っこしてた
櫻井翔
櫻井翔
あの時、俺達早く終わった日だったよな?
二宮和也
二宮和也
午前中で終わって…
相葉雅紀
相葉雅紀
ごく自然だった…
みずきの中には、汚いとか言うのは無いんだって…