無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ストーリー4
その日の夜…
みずき
みずき
兄ちゃん…
大野智
大野智
どうしたの?
みずき
みずき
進路の事…迷ってる
大野智
大野智
みずきは、何がしたの?
みずき
みずき
……
大野智
大野智
俺は、どっちでも良いと思う。
ただ、みずきが何をしたいのか?って事だよ。焦らずゆっくり考えてみたら?
みずき
みずき
あのね、今日部活の顧問の先生に言われたんだけど…
大野智
大野智
何て?
みずき
みずき
今度の大会ね、実業団の監督達が観戦に来るって…
だから、良い成績を残したら、実業団からのオファーがあるって
大野智
大野智
そうか…
みずき
みずき
もし仮に、そうなったら兄ちゃん、少し楽になるのかな?って…
進学するとしても、お金かかるし、就職するにしても、就職難だから…就職出来るか分からないし…
大野智
大野智
兄ちゃんな、みずきが本当にやりたい事をやって欲しいって思う。お金かかるから…とか考えないで良いんだよ。自分のやりたい事を精一杯やって欲しい。もし、やりたい事があるのに、兄ちゃんの事を考えて実業団に所属するなら、それは違う
みずき
みずき
でも…
大野智
大野智
後悔するような進路を選ぶなよ。お金の心配もしないで良いよ。みずきが大学に行くぐらいの蓄えはあるからな…そんな心配はしなくて良いよ。
なんなら、翔のところに永久就職するか?
みずき
みずき
ちょっと…何言い出すの💭💭
大野智
大野智
ハハハッ😊
わかったよ😁
みずき
みずき
もう〜兄ちゃんのイジワル😡