無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

ストーリー13
その日の午後…いつものように、みずき達は、屋上でお弁当を食べていた
みずき
みずき
ごち💦
松本潤
松本潤
みずき、もう食べないのか?
みずき
みずき
うーん💦
二宮和也
二宮和也
どうしたんだ?
みずき
みずき
…先に教室行って良い?
櫻井翔
櫻井翔
えっ?
みずき
みずき
何か…だ…
そのまま、みずきは隣に居た潤に寄りかかった
松本潤
松本潤
みずき、どうした?
みずき…
相葉雅紀
相葉雅紀
潤、みずきを横にして…

みずき、分かる?
みずき
みずき
……
雅紀は、手際よく制服を緩めながら
相葉雅紀
相葉雅紀
誰か先生呼んで来て…急いで💦
後、保健の先生も呼んで来て
二宮和也
二宮和也
俺呼んで来る
松本潤
松本潤
雅紀?
相葉雅紀
相葉雅紀
……病院連れて行った方が良い…
保健の先生達が来た
『どうした?』
相葉雅紀
相葉雅紀
みずきの意識が薄いです
『おい、大野…分かるか?』
《みずきちゃん、分かる?手握れる?
救急車…呼んで》
『お前達、一緒に病院行け』
櫻井翔
櫻井翔
みずき、しっかりしろよ…
病院行くからな