無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

#21
ころん
ころん
あっ!みおー!
みお
みお
ねぇさっきの本当に言ってるの?
みお
みお
本当にあなたがやったと思ってる?
ころん
ころん
あなたがやってないって信じたいけど、いちかちゃんケガしてるし、見た人も居るから本当なのかなって
みお
みお
ころん絶対誰にも言わないって自信ある?
ころん
ころん
何が?
みお
みお
実はね…
あなたside
なんでみんな信じてくれないんだろう。
さとみも………
私への信頼がそれくらいだったってことか…
ポロッ
あれ…なんで涙が出て来るんだろう、
みおにも迷惑かけた…
リスカしようかな、
スっと切れて紅い液体が流れてきた。
少し痛い。だけど快楽もあった。何が吹っ切れたように
何回かやってやめた。
みお
みお
あなた!
あなた
あなた
みお?
ころん
ころん
あなたごめんね、信じてあげられなくて、
ころん
ころん
本当にごめん。
あなた
あなた
ころちゃん…
みお
みお
リスカやらない方が良いよ、あなた綺麗な肌なのに跡残るから、
みお
みお
こんな風に…
みおはそう言って腕を見せてくれた
みお
みお
昔のだけどね、
ころん
ころん
さとみ君の事説得しに行かなきゃ
みお
みお
そうだね、
あなた
あなた
あの…
ころん
ころん
みお
みお
あなた
あなた
地味にイチャつくのやめて貰えます?
あなた
あなた
みお
みお
べっ、別にイチャついてない!!!!!!!!





















































ガラガラガラ
ころん
ころん
さとみ君ちょっと話かあるんだけど
ころん
ころん
えっ?何してるの?