無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

30
皆さんお久しぶりです。
突然ですが
私あなたは莉犬くんにキスをされています///
ど、どうやって放せば良いのだろうか……
あなた
あなた
り、莉犬くん…////離して…///
side莉犬
ま、ままま待って!
俺、何してんの!?
あなたちゃんにキ、キス!?
唇柔らかかったなぁ………
じゃなくて!お、俺やばくない?
いや、ごめんで済まされるほど甘くないよ!?
どうしよ…
ううっ…////
あなた
あなた
えっ?///そ、そんな事はないけど////そ、その///なんと言うか…////
あなた
あなた
私、さとみ以外と付き合った事なかったから、さとみ以外の初めてのキスで…/////その、さとみ以外の初キスが莉犬くんで良かったなんて…///////
あなた
あなた
ど、どう言う事???
あなた
あなた
えっ?
あなた
あなた
ううん。今言わせて。
あなた
あなた
ごめんなさい。莉犬くんのその告白には答えられない。
あなた
あなた
さとみが忘れられない訳じゃなくて。
あなた
あなた
私は、今誰かと付き合うと、誰かに迷惑かける。今、ジェル君や、るぅと君と、分かったのせいで仲間割れしてるし
あなた
あなた
今付き合ったら確実に莉犬くんも虐められる。
あなた
あなた
だから、付き合えない。
あなた
あなた
莉犬くん…
あなた
あなた
でもやっぱり、莉犬くんにまた死にたい。って思ってほしくない。
あなた
あなた
だからごめんね、
あなた
あなた
でも嬉しいかった…///ありがとニコッ
あなた
あなた
あのね、その、親友としてこれからもよろしくね…///
あなたは本当に凄いよ
辛いのに他の人の事を考えて振れるなんて
これは誰でも惚れちゃうよ
俺の初恋はこれで終わりか…
ちがう。まだ始まったばっかりだ。
これからあなたを守りきって初めて俺の初恋がおわるんだ
ねぇ、あなたもう少し君を好きでいても
いいですか?