無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

久しぶりに🔞
涼介
涼介
遥菜ー!ギュッ(後から)
遥菜
うわっ!びっくりした!
涼介
涼介
ねぇ、久しぶりにヤろ?
遥菜
うん//いいよ♡
遥菜
でも、久しぶりだから優しくしてね?
涼介
涼介
じゃ、寝室来てね
〜寝室〜
遥菜
お待たせ//
涼介
涼介
来たか、、って おまぇ
涼介side
遥菜が下着姿だけで来た
俺は、明らかに誘われてるな
涼介
涼介
誘ってる?
遥菜
いや、別にイヤッ//
(ベッドに倒される)
涼介
涼介
静かにチュッ))D
遥菜
んん、//
涼介
涼介
感じてんの?))胸揉
遥菜
やらぁー.....
涼介
涼介
ダメだ   たっ、///って、きた
遥菜
りょ、うすけの
ぬンッがして、あげるアッーン
遥菜は俺の下着を器用に脱がした
こんなアレを見たら驚かれるぞ//
遥菜
りょ、うすけ  おっきいよ//
涼介
涼介
良いから咥えて?
遥菜
ん、ペロペロ
涼介
涼介
アッ気もちい//
涼介
涼介
そろそろ、入れるぞ?
遥菜
うん//
涼介
涼介
しっかり、足開いて
(M字開脚させる)
遥菜
イヤッ
涼介
涼介
(ゆっくり入れてくる)
確か、ここが弱いんアッだよなー
遥菜
ダメッ イヤーン
俺は、スピードを上げて 激しく動き出した
遥菜
イヤーンアッ イクッ
涼介
涼介
俺も、//♡
遥菜
アーンアッイヤーン
遥菜
//イクっ!
涼介
涼介
イクーッ//
俺らは同時にイッタ
--------キリトリ線--------
こんばんわっ!作者です!
なんか、凄い小説書くの久しぶりで書き方を忘れかけてましたww温かい目で見て頂けたら嬉しいです!