無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

こんな調子でやっていきます
涼介
涼介
ねぇ、遥菜 今日もヤろう
遥菜
良いよ///
その、前にトイレ行ってくるね
涼介
涼介
ダメ...
遥菜
でも、ヤッたら漏れちゃう、、、
涼介
涼介
じゃあ、俺も行く
遥菜
分かった。
~トイレ~
遥菜
ねぇ、中まで来る必要ある?
涼介
涼介
お前の、sexyな所見ないでどうすんの?
遥菜
でも、見られたら出ない、、、
涼介
涼介
じゃあ、足開いて(遥菜の足を開く)
私の秘部を触ってくる
遥菜
アッ(体が緩む)
シャー
遥菜
凄いさっきまであんなに出なかったのに
涼介
涼介
俺もしたくなってきたから待ってて
涼介は、順番にズボン➡︎パンツの順番で脱いでく
遥菜
(⊃-⊂)(目を隠す)
涼介
涼介
良いよ、隠さなくて 待ってね、あともうちょっとで終わるから
遥菜
うん///
w.c┃ジャーゴボゴボ
涼介
涼介
よし、ヤろうか
ドサッ ベッドに倒す
遥菜
おね、がいします
涼介
涼介
(遥菜に馬乗りになる)
じゃあ、まずは脱がして上げるね
一旦切ります💦
今後も、こんな感じでやります