無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

逝っちゃいました
涼介
涼介
じゃあ、まず上からね
うわっ、胸デカくなってるよ
涼介は胸を揉みながら慣れた手つきで服を脱がしてくる
涼介
涼介
次は、下
遥菜
うん…
凄い、スースーする
涼介
涼介
じゃあ、入れるよ
ズボッ
涼介
涼介
もう、2本入ってるよ?w大丈夫?
涼介は、指を動かしてくる
遥菜
アッ//ダメっ アーン イヤッ
涼介
涼介
やらしい声ww
遥菜
りょーふけにょきゅわえたい涼介の咥えたい
涼介
涼介
マジ!?咥えてくれるの?ヤバい、さっきより勃ちゃった
涼介は、自分のを私の口に入れてきた
遥菜
ん///(先激舐)
涼介
涼介
アッ ダンッメ  ヤバい、遥菜上手いよ
遥菜
そう?ありがひょありがと
涼介
涼介
喋んなよっ////
涼介
涼介
次、下に入れるぞ
遥菜
痛くしないでね。
涼介
涼介
分かってるよ
涼介が刺してくる
遥菜
動いて?
涼介が激しく動く
遥菜
そんなにッ動いたら、、ハァハァイッちゃうよ
涼介
涼介
良いよ、一緒に行こ
俺も、イクッ///
2人は、同時にイッた