無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

21話とアンケート
@江口拓也
いや、おっそ。嬉しいけど

【拓也ハピバと書かれた手紙】


@いぐいぐち
ありがたいだろ?


@江口拓也
忘れてたよね???


@いぐいぐち
覚えてたけどめんどくさかった


@江口拓也
酷い



『拓也ハピバー!!!!』

江口「おっそ!!えぇぇ!?おっそ!!」

神谷「うるさ」

『あ、神谷さんこんちゃーっす』

神谷「朝も会ったけどね」

梶「江口くんの誕生日って5月22でしょ?もう6月だよ?」

『5月も6月も変わんない』

江口「変わるわ!!!」

『まぁまぁ、落ち着きたまえ江口くん。忘れてた訳じゃないんだ。ジェルと何して遊ぶかしか考えてなかっただけなんだ。』

江口「忘れてんじゃん」

『しょーがねぇな。タクシーにでも乗ってどっか行くか』

江口「俺金無い」

『知ってる。無料タクシーがあるんだよ!』

梶「何それ危なそう…」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

神田「へぇ、その無料タクシーが俺ですか井口あなたさん???」

『ごめんね〜、でも和なら来てくれると信じてたよ!!』

神田「なんで俺こいつのマネージャーになったんだ…」

『約束したじゃん!私が声優になるって言ったら「じゃあ俺、あなたちゃんのマネージャーになる!一緒に頑張ろうねっ!」って。』

神田「辞めろ、黒歴史だわ。沈めるぞ」

『いつからこんな子になったの???』

江口「ねぇぇぇ2人とも仲良すぎて俺会話に入れないぃぃ」

『ガキかよ』

神田「仲良くないです、やめてください」

『仲良いし。』

神田「マジで黙れよ」

『ひゃー、怖いねぇ』

神田「はぁ……」

江口「2人はどんな関係なわけ?」

『幼馴染』

江口「神田さん強」

神田「何がですか?」

江口「だって告白したら絶対OK貰えるじゃないっすか!!」

神田「告白する事ないんで大丈夫でーす」

『拓也うるさ、和ひど』

江口「てか、どこ行くの?これ」

『知らなーい、和に任せてるから』

神田「海に向かってます」

『何しに行くの?』

神田「あなたを沈めに…」

『待て待て待て、ショッピングモールにでも向かおう。ね?ね!?』

神田「嘘だよ、事務所に向かってる」

『なんで事務所……あぁ、成程』

江口「ちょっとあなた?1人で解決しないで?俺わかんないよ?」

『教えなーい』

江口「ねぇぇぇぇぇ!!!」




アンケート

新作のオチについて
神谷浩史さん
10%
石田彰さん
8%
江口拓也さん
52%
小野大輔さん
0%
上村祐翔さん
8%
木村良平さん
22%
投票数: 50票