無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

19話とアンケート(受付終了)
『皆さんこんばんはーっ!元気いっぱいあなたですっ!さぁ、始まってまいりました、井口のゆるっとラジオ!
でもさ、なんか井口って付くのダサくない?ね?だからさ、変えようよ!
あ、説明?ごめんね、してなかったわ。えー、このラジオは私井口あなたがゲストと一緒にフリートークやふつおたを読んだりするラジオです!!』

『それでは今日のゲストに登場して頂きましょう!どうぞ!』

神谷「こんばんはー、神谷浩史でーす」

『神谷さんいらっしゃい!』

神谷「俺もうやだよ〜、帰りてぇよ〜」

『何でですか!可愛い可愛い後輩のラジオですよ!?』

神谷「お前うるせぇもん!マジで!」

『ひでぇ!!』

神谷「で?ラジオ名変えるんでしょ?」

『そうですね〜、何にしましょうか』

神谷「ゆるっと女子」

『やめてください、アウトです』

神谷「あなたの好きな物は?」

『石田彰さん』

神谷「違ぇよバカ。好きな食べ物とか!」

『杉田智和が作った飯!!』

神谷「じゃあ毎回杉田くんでも呼べよwいぐすぎラジオ〜つって」

『嫌っすよ、私のラジオが崩壊する』

神谷「なんでもいいじゃん。ゆるっとラジオでいいじゃん。」

『そうしますか、ゆるっとラジオに決定!!』

神谷「おめでとー」

『先輩からのおめでとうでこんなに棒読みなおめでとう聞いた事ない』

神谷「あ、CM入りまーす」

〜 〜 〜

『改めましてあなたでーす!』

神谷「神谷浩史でーす!」

『ってことで!やりますよ!黒歴史暴露大会!!』

神谷「僕黒歴史無いんですけどぉ〜?」

『私もないんですけどぉ〜?』

神谷「さっき楽屋で爆笑してた時に舌噛んで机バンバン叩いて痛がってたのは黒歴史じゃないんですねぇ〜?」

『ねぇぇぇ!?』

神谷「階段から飛び降りてスタッフさんに激突して土下座してたのも違うんですねぇ〜?」

『ストップストップ!!』

神谷「前の収録の時のに楽屋で石田さんへの愛を語ってた時に丁度石田さんが入って来てドン引きされたのも違うんですねぇ〜?」

『ねぇ!それ3つ目!辞めて!私の心が死ぬ!!』

神谷「俺の勝ち〜」

『なんの勝負!?』

神谷「あとでスマホ貸して」

『自分の使ってくださいよ』

神谷「Twitterやってみたい」

『自分のでやれ』

神谷「めんどくさい」

『え、乱〇さんですか???』

神谷「アニメのキャラ名出さないでくださーい」

『あ、そういえばこの前梅ちゃんと飲みに行ったんですよ』

神谷「おぉ、急に話変わったね」

『そんで、可愛いお姉さんが来たんですよね?店員さんの。』

神谷「あー、はいはい」

『それで、私が梅ちゃんに「今の店員さんめっちゃ可愛かったからLINE交換できるか聞こうぜ」って言ったんですよ』

神谷「バカなの???」

『まぁまぁ、聞いてくださいよ。そしたらね?梅ちゃんが「いや、今の人は化粧濃いからすっぴんはそんなに可愛くないと思う」って言われたんですよ!!酷くないですか!?』

神谷「どっちもどっちだわ!!」

『なんでっ!?』


〜 〜 〜 〜

『そろそろお別れの時間ですよ、酔いつぶれてる神谷さん』

神谷「もぉ、ここにとまればよくなぁい?」

『よくない』

神谷「めんどくさい…」

『ったくも〜、じゃあおやすみなさいだけ言ってくださいよ』

神谷「おやすみなさ〜い」

『はーい、皆さんおやすみなさ〜い』


ーーーーーーーー
ども、作者です!!
いやぁね、18話が読めない方が何人か居るらしいのですよ。

ごめんけど作者も読めないの!!
投稿者なのに!!!
自分のスマホが悪いのかな〜って思ってたんだけど違うみたいですね〜…

書き直して投稿し直したいんですけど内容覚えてないんですよね((

ゆるっとラジオのゲストに江口さんが来てわちゃわちゃしたって思ってくれたら良いんで←

今後に関係してくる事を書いた覚えは無いので大丈夫だと思うんですよ……多分


そろそろ恋愛の方進めないとただのギャグ小説になっちゃう……

アンケート

オチは誰がいいですか?その他はコメで教えてください
神谷浩史さん
9%
江口拓也さん
18%
西山宏太朗さん
7%
梅原裕一郎さん
51%
花江夏樹さん
5%
その他
11%
投票数: 57票