無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

20話
いぐいぐち

ジェルと遊んでる。
こいつ声でかい。
ジェルってどっかで聞いた事あるな…


@さとみ
その人女声できる??


@いぐいぐち
できる


@さとみ
YouTubeでジェルって調べてみ?


@いぐいぐち
おう


『…………ん?』

ジェル「どしたん?あなた」

『え、おま、え?』

ジェル「ちょ、大丈夫?」

『ジェルってすとぷりのジェルくんやったん!?』

ジェル「逆に今まで知らんかったん!?」

『おん…私さとみくん推しだから…すとぷりはあんまり知らない。単推しです。』

ジェル「じゃあ俺のことも推してーや。俺ら友達やん?」

『一応歳上なんだけどな』

ジェル「ええやん!推してーや!」

『しゃーねぇな、Believe買ってやるよ。』

ジェル「なんなん、俺の情報も知っとるやん」

『情報だけね、さとみくんの以外買ってない。』

ジェル「あなた莉犬とかるぅと好きそうやけどな〜」

『可愛いの?』

ジェル「おん、声可愛ええで。今から俺ん家ですとぷり動画鑑賞会でもするか?」

『する。今すぐする。行こーぜ行こーぜ』

ジェル「ハイハイ」


『ジェルん家汚いって聞くけど本当?』

ジェル「汚くないで!?」

『このあなた様が見てやろうじゃねーか』

ジェル「普通やと思うけどなぁ」

『…………まぁまぁまぁまぁ、綺麗なんじゃないですか?』

ジェル「なんやの今の間」

『別にぃ?綺麗とか思ってませんけどぉ?』

ジェル「その喋り方うざいわぁw」

♪不意に交した〜君からのキスは〜さよならのサインなの?そんな映画の終わりのような恋でした〜♪

ジェル「さとちゃんのやん。なんで急に流し始めたん?」

『あ、ごめん。電話だわ』

ジェル「着信音かいな」

『出てもいい?』

ジェル「ええよ、準備しよくわ」

『さんきゅー。』

画面に表示されているのは……



杉田智和

『もしもーし?何すか?』

杉田「あっ、もしもしぃ、井口さんのスマホでお間違い無いでしょうか?」

『?はい、井口です』

杉田「あのですねぇ、私杉田智和の彼女のみかこともうしますぅ」

『ンフッwwはいw』

杉田「あのぉ、私のかれぴっぴなのでぇ、もう関わらないでくれますかぁ?」

『んはははっwwwねぇ、何やってんの杉さん!変なたっかい声出してさぁ!w』

杉田「あれ、気付いてた?」

『気付きますよ〜、気持ち悪かったです』

ジェル「あなた〜!準備終わったで!はよ見ようや!」

『ちょっと待って〜!』

ジェル「はよしてな!」

杉田「誰かと一緒?」

『ジェルの家ですとぷりの動画鑑賞会するんすよ。杉さんも来ます?』

杉田「いや、今俺生配信中だから」

『……え?』

杉田「配信してます。はい。」

『ねぇちょっと!?炎上したらどうしてくれんのさ!!』

杉田「すまん。頑張れ」

『おいぃぃぃ!!』

ジェル「あなたうるさいで!?はよ見よーや!さとちゃんのパート終わるで?」

『ごめん!今行く!』

『あっ、許さないからね杉さん!!』

杉田「いや、本当にすまん」


@ーーー
いぐちゃんが色んな人の家に泊まりに行くのは知ってたけど他界隈の人の家にも泊まりに行ってたとは……


@anti
井口って色んな男に色目使ってんだろ?
ジェルとかさとみとか。
杉田智和とかにも使ってるらしいな


@(((
ジェルさんとは親友だって言ってますしここは本人を信じるべきでは…?


@杉田智和
本当にすまん。


@いぐいぐち
寿司


@杉田智和
了解