無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

番外編…?
in LINE
いぐいぐ
やぁ、上村祐翔くん
可愛い可愛い上村祐翔くん。
なんですか?あなたさん
いぐいぐ
今日も可愛いね
可愛い可愛い上村祐翔くん。
ありがとうございます。
いぐいぐ
ところで今日お仕事はあるのかな?
可愛い可愛い上村祐翔くん。
今日はもう無いです。
いぐいぐ
偶然だね、私も今日オフなのだよ
可愛い可愛い上村祐翔くん。
そうですか、良かったですね
いぐいぐ
ねぇ、冷たい!!!
可愛い可愛い上村祐翔くん。
あなたさんのテンションが高いだけです!
いぐいぐ
遊びにいこーよ
可愛い可愛い上村祐翔くん。
良いですよ
いぐいぐ
どこ行く?居酒屋?
可愛い可愛い上村祐翔くん。
昼間からお酒は飲みません
いぐいぐ
SparQlewの皆誘って飲みにいこーよ
可愛い可愛い上村祐翔くん。
だから行きませんよ。
可愛い可愛い上村祐翔くん。
他の人も仕事ありますし
いぐいぐ
前から思ってたんだけどさぁ……
いぐいぐ
祐翔くん、タメでいーよ!
可愛い可愛い上村祐翔くん。
俺のドキドキ返してください
いぐいぐ
告白だと思った?
可愛い可愛い上村祐翔くん。
怒られると思いました
いぐいぐ
なんなん
可愛い可愛い上村祐翔くん。
あなたさんは一応先輩なのでタメ口にはしませんよ
いぐいぐ
一応ってなんだよ一応って
いぐいぐ
そんなに歳変わんないし芸歴もそんなに変わんないでしょ?
可愛い可愛い上村祐翔くん。
そうですけど…
歳上ですし
いぐいぐ
じゃあ先輩命令って事で
可愛い可愛い上村祐翔くん。
なんですかそれw
いぐいぐ
しゃーねぇな、諦めてやるよ。
いぐいぐ
そしてすんませんっした
可愛い可愛い上村祐翔くん。
何がですか?
いぐいぐ
昨日の配信あるの忘れててリアタイできなかった
可愛い可愛い上村祐翔くん。
見なくていいじゃないですか
いぐいぐ
やだよ!!!推しを拝みたいよ!!!
可愛い可愛い上村祐翔くん。
推しって誰ですか?
いぐいぐ
今LINEしてる君だよ☆
可愛い可愛い上村祐翔くん。
へー、そーなんですねー
いぐいぐ
後輩が冷たい…
いぐいぐ
もういいよ!うめめと宏ちゃん誘ってアイツら潰してやる!
可愛い可愛い上村祐翔くん。
わかりましたよ〜、飲みには行かないけど遊びに行きましょ
いぐいぐ
よし、今家の前に居るからドア開けて
可愛い可愛い上村祐翔くん。
怖いです
いぐいぐ
てか、中に入れておくれよ
可愛い可愛い上村祐翔くん。
ちょっと待っててくださいね
いぐいぐ
はーい
上村side

上村「なんでここに居るんですか!」

真逆と思ってドアを開けたら本当にあなたさんが居た。

『祐翔くんに会いたくなっちゃって☆』

上村「も〜、リビングで待っててくださいね」

『あーい』

════

上村「なにやってるんですか!?」

『え?エロ本探し』

上村「無いですよそんな物!てか、オーブンの中になんで入ってると思ったんですか!?」

本当にこの人は何をやっているのだろう

『いや、これはオーブンオープン♪をやってただけ』

上村「ちょ、それはやらなくて良いです!」

『え〜、いいと思うよ!私は!オーブンオープン!』

上村「もう本当に辞めてくださいよ〜!」

『うん、可愛い。弟になる?』

上村「あなたさんが姉とかめっちゃ嫌なんですけど」

『私先輩なんだが???』

上村「はぁ、どこに行くんですか?」

『決まってない』

上村「えぇ……」

『あ、私の家来る?』

上村「いやですよ!先輩ですし…」

『ゲームしようよ〜』

上村「あなたさん弱いから嫌です」

『いつからこんな子になっちゃったの』

上村「あなたさんの家散らかってそう」

『綺麗だし!シェアハウスしてるから』

上村「じゃあ他の方にも迷惑かけちゃいますよね!?」

『大丈夫大丈夫!仕事の人が多いし!』

上村「わかりましたよ…あなたさんの家行きます」

『そうと決まればいざ参るぞよ!』

本当にこの人はなんなんだ