無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
夜。

















シンとした庭先で虫の鳴き声が響いている____











二階の部屋で寝ているひとりの少女。














その少女は____












ある『夢』を見た。









next