無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

ユンギ
ユンギ
ただいま。

あ!ゆんちゃん帰ってきた!



でも、無視するんだから!
You
You
………
ユンギ
ユンギ
え、なんで無視?
You
You
………
ユンギ
ユンギ
ねぇ、あなた、ご飯食べたい。
You
You
自分で作って。
ユンギ
ユンギ
え、、、
You
You
じゃあ、寝るから。
ユンギ
ユンギ
え、やだ。俺も一緒に寝る!
You
You
ダメ!ひとりで寝る!
ユンギ
ユンギ
な、なんで…


うぅ、ごめん!



でも、なんか面白いかも←え、
You
You
💤💤←寝たふり
ユンギ
ユンギ
あなた…
俺、なんかした?
ユンギ
ユンギ
無視しないでよ
さすがに泣いちゃうよ…
ユンギ
ユンギ
寝たふりしてるの知ってるからね、
You
You
え、



ゆんちゃん、いつ気付いてたのよー!
上手に寝たふりできたと思ってたのに!←
ユンギ
ユンギ
ねぇ、俺悪いことした?
You
You
うん、
ユンギ
ユンギ
え、何した?
You
You
私に冷たい←大嘘
ユンギ
ユンギ
ごめん、だって可愛いだもん。
You
You
//
ユンギ
ユンギ
もう冷たくしないから、一緒に寝てよ
You
You
ごめん、意地悪した。
ユンギ
ユンギ
は(·-·)
You
You
だから、一緒に寝る!
ユンギ
ユンギ
やっぱりやめとく。
You
You
え!ゆんちゃん!ごめんって!
ユンギ
ユンギ
嘘だよ、一緒にねよ?
You
You
うん!



仲良く一緒に寝ましたとさ。




ゆんちゃんに意地悪するのも楽しいね!





私の趣味にしよ!←ユンギ可哀想。







可哀想だったから、明日は優しくしてあげる!