無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

うん?
ゴクゴク
さとみくん
(飲んでる飲んでる)ニヤニヤ
ころんくん
(さとみくんめっちゃ見てる)
じー
あなた

(どうしたのかな?)

あなた

ゲームの続きしよ〜

ころんくん
いいよ
数分後
あなた

ねぇねぇ

あなた

さとみくんちょっと暖房消して、くれない?

さとみくん
え?
さとみくん
暖房付けてないよ?
あなた

めっちゃ暑いんだけど

ころんくん
そう?
さとみくん
俺は、暑くないけど
ころんくん
僕も
さとみくん
あなた大丈夫?
肩に手を乗せる
あなた

ビクッぁ…//

さとみくん
ニヤニヤ
ころんくん
あ〜
ころんくん
僕そろそろ帰るね〜
あなた

うん//

あなた

またぁ来てね

ころんくん
は~い
ころんくん
頑張れボソ
……………………………………
あなた

さt((

ダン
(床に押し倒す)
あなた

へぇ?

さとみくん
ねぇ
さとみくん
あなた
さとみくん
チュウしていい?
あなた

え?

さとみくん
チュ
さとみくん
クチュクチュ
あなた

しよッ…どシャとみくん//

さとみくん
ぷはー
さとみくん
今日ころんと楽しそうに遊んでたなぁ?
あなた

しよれわ

あなた

しゃとみくんがうn((

さとみくん
クチュうるちゃいクチュ
あなた

んん~//

あなた

ハァハァ

さとみくん
さってと今日は俺が満足するまで付き合ってもらうよニコ
あなた

えー

さとみくん
よいしょ
あなた

!!

さとみくん
行くぞ
あなた

しょっと抱っこしにゃくても自分で歩くよ//

さとみくん
だめだ
この後4回ヤッたことは、言わなくてもわかるよね