無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

そのいーち!!
あなた

はぁぁぁ緊張する…っ

今日は大好きなそらるさんの握手会の日!!!



今まで1回も一時も忘れずに応募してたのになんか当たんなくて……






でもついにこの時がきた。


ライブ以外でそらるさんに会えるとか本当に神すぎる…



本当に神様ありがとっ!!!!!(土下座)
スタッフ
スタッフ
整理番号113番の方〜


あ!私だ…!


あなた

はーい!

スタッフ
スタッフ
どーぞ中へお進み下さい。
あなた

(〃..)) ペコッ








ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙やばい。









落ち着いて、あなた。落ち着くのよ。





今まで何回も練習してきたじゃない。大丈夫よ。




きっと上手くいくわ。





スタッフ
スタッフ
お次の方〜
あなた

はい!

あなた

ひゃっ…((ボソッ

そらるさんがいらっしゃる?!?!







あ、あわわわわわっ…どどどどどどどーしよ!!!
そらる
そらる
こんにちは〜(^ω^)
あなた

こんにちは!(*´ ˘ `*)

あなた

あの…そらるさんっ…私、ずっとあなた…

そらる
そらる
あのっ…
あなた

……のぉ?

そらる
そらる
あ、ごめんね
あなた

え、いやいや大丈夫ですよ!どーしたんですか?

そらる
そらる
いや…その………


????





なんだろう……あ、待ってわかった。










君、可愛くないから握手したくない。












こーゆー事ですね?!そらるさん!?







そらる
そらる
あの…君……
あなた

ごめんなさいっ!!
あのっ…私、出直してきます!!

そらる
そらる
へ?
そらる
そらる
あ、ちょっ…まっ…!!!



なんか…凄く逃げちゃった感あるけど……これで良かったんだ。。。











今よりももっと可愛くなって握手したいって思って貰うんだもんね…!(ง🔥Д🔥)ง