無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

317
2020/07/10

第16話

行先
次の日の夜。


カ)スンチョル
カ)スンチョル
「あなたちゃーん!」
カ)スンチョル
カ)スンチョル
「行き先、決めた?」








もうカトクが来た......何も考えてなかった...






あなた

「どこでもいい...」

カ)スンチョル
カ)スンチョル
「そう言うと思ったー」
カ)スンチョル
カ)スンチョル
「だからチケットとってきた!」
あなた

「なんの?」

カ)スンチョル
カ)スンチョル
「水族館!!!」







水族館....久しく行ってない....。

ちょっと楽しみかも.......!!





あなた

「じゃあぜひ!」

カ)スンチョル
カ)スンチョル
「明後日の10時に迎えに行くね!」
あなた

「はーい!」









何着ていこう

メイク、いつも通りでいいのかな




こんなにウキウキするの、久しぶり...。











--水族館の日--


服、変じゃないかな...

メイクと髪の毛、大丈夫かな.....

すごく不安。









ピンポーン




あなた

は...はいっ

スンチョル
スンチョル
あなたちゃーんあーけーてー
あなた

おはようございます...

スンチョル
スンチョル
おはよう......
スンチョル
スンチョル
じゃあ.....いこ...
あなた

....うん





スンチョルさんの口数がいつもより少ない。


私、変だった....?






スンチョル
スンチョル
その......いつもと雰囲気、違うね...
あなた

えっ

スンチョル
スンチョル
いつもパンツスタイルだったから...スカート新鮮で........かわいい...
あなた

.....!?

あなた

あ...ありがとう........




スンチョルさんの運転でたどり着いたのは最近新規オープンしたという水族館だった。




あなた

ここCMでみたとこ...

スンチョル
スンチョル
よし!いこ!



そう言ってさりげなく手を繋いでくれるスンチョルさん。




デートみたいですごく恥ずかしい...




スンチョル
スンチョル
緊張してる?
あなた

スンチョル
スンチョル
実はさ、すごく気になってたんだよね
スンチョル
スンチョル
ジョンハンと手を繋いで帰ったこと...
あなた

え....?

スンチョル
スンチョル
俺が送りたかった...
あなた

そ...そんな......

スンチョル
スンチョル
さ、入ろう?
あなた

うん。






スンチョルさんと一緒に見る大水槽はすごくキラキラしてて、綺麗だった。

すごく楽しかった。


あなた

今日はありがとうございました。

スンチョル
スンチョル
楽しんでくれた?
あなた

うん!

スンチョル
スンチョル
あのさ、
あなた

ん?

スンチョル
スンチョル
やっぱちゃんと治療しない...?
あなた

.....

スンチョル
スンチョル
俺は、あなたちゃんが好きだよ。
スンチョル
スンチョル
だから、これからもずっとこういう楽しい時間を共有していきたいと思う。
スンチョル
スンチョル
俺のそばにいて欲しいんだ...。
あなた

.............です...

スンチョル
スンチョル
え?
あなた

いや...です.......治療はしない。何をしたってもう手遅れなのっ...

あなた

もう私は長くは生きられないっ

あなた

死ぬだけの人間に未練残さないでっ

あなた

スンチョルさんにはもっともっとお似合いの女性が絶対いるっ

あなた

だからっ...私にはこれ以上構わないでっ....!!




そう言い残して、車から降りて家までの道を走る。



ここがどこだか分からない。










スンチョルさんには酷いことを言った。


未練が残りそうで、死ぬのが怖くなりそうなのは












私の方なのに。