無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

258
2020/09/10

第21話

21
治療が終わって家に帰る。



ドアが閉まる瞬間、後ろから力強く抱きしめられる。









あなた

痛いんですけど...

スンチョル
スンチョル
少しだけ....
あなた

少しでいいの?

スンチョル
スンチョル
やっぱだめ...
あなた

何それw

スンチョル
スンチョル
死ぬとか、言わないで.....
あなた

スンチョル
スンチョル
人間いずれ死ぬから...あなただけじゃない.......俺だって....。
あなた

....ごめん

スンチョル
スンチョル
あなたは、俺のものだから、もうどこにも行かせないから。
あなた

トイレくらい行きたい

スンチョル
スンチョル
そういうことじゃない〜
あなた

ははっwありがとう!

あなた

ねえこれいつまで続くの?私スンチョルさんの顔見えないよ?

スンチョル
スンチョル
もうちょい...
あなた

んーーーーやだ!






そう言って私は強引に後ろにいるスンチョルさんの方をむく。





あなた

泣かないでよw

スンチョル
スンチョル
泣いてない...
あなた

泣いてるじゃん嘘つき...

スンチョル
スンチョル
ねえ?
あなた

ん?

スンチョル
スンチョル
すき
スンチョル
スンチョル
だいすき
スンチョル
スンチョル
あいしてる
スンチョル
スンチョル
そばにいて...
あなた

うんうん。大丈夫大丈夫。

スンチョル
スンチョル
なんかすごく軽い....
あなた

そんなことないよ〜だいすきだから〜!そろそろ家に入ろうよ〜

あなた

ここ玄関だよ〜?

スンチョル
スンチョル
元気ちょうだい
あなた

元気?

スンチョル
スンチョル
うん
あなた

元気ちょうだいって言われてもねえ〜

あなた

あっあれだ!

あなた

ちちんぷいぷい元気になぁれ!

スンチョル
スンチョル
........何それwww
あなた

唯一私が覚えてる母親が私のためにしてくれたこと。

スンチョル
スンチョル
そっか....可愛い....w
あなた

ほらもういいでしょー!

スンチョル
スンチョル
待って




そう言って、唇があわさる。




ちゅっ....







あなた

すすすす....!?

スンチョル
スンチョル
元気100倍!!!!
あなた

ダサい!

スンチョル
スンチョル
顔真っ赤じゃんかーわーいーいー
スンチョル
スンチョル
もっかいする?
スンチョル
スンチョル
ねえ、もっかいする???
あなた

しません!!!!!晩御飯の準備します!

スンチョル
スンチョル
ちぇーっ






そう言ってスンチョルさんの腕からすり抜けてキッチンに行く。





きっと私の顔はゆでダコだろう。

すごく熱い。





でも、


好きな人とこうして他愛もなく過ごせる時間は

安心する。
















スンチョルさんを好きになってよかった。