無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

308
2020/07/10

第15話

通話
あなた

んーーーーー.....

カ)スンチョル
カ)スンチョル
すーーー.....すーーーーーー.....
あなた

ん....?

ああ...そうだ。寝落ちたんだっけ....


通話で寝落ちることあまりないから、なんだか新鮮だなあ...。









そういえば昨日スンチョルさんに何を握らされたんだろう。

落としたら困ると思って何も見ずにカバンにしまったんだった...。




ベッドから立ち上がった瞬間に急にくるめまい。



やばい、倒れる.....




とっさの思いで踏ん張ってしゃがみこむ。









スンチョルさんといるとどうしても忘れてしまう。
















私、病気なのに。











カ)スンチョル
カ)スンチョル
んーーー...もしもし?大丈夫....?



寝起きの声が聞こえる。

起こしちゃったんだ...。



あなた

だっ...大丈夫っ!

ちょっとつまづいただけ!

カ)スンチョル
カ)スンチョル
...そっか。ならいいんだけど...。
あなた

スンチョルさんちゃんと熱計ってね。

カ)スンチョル
カ)スンチョル
んーーーーもう大丈夫だよぉ〜...
あなた

ダメダメ!!ちゃんとして!!

カ)スンチョル
カ)スンチョル
はーーーーい
カ)スンチョル
カ)スンチョル
あ、そういや昨日あげたの見た?
あなた

あっ!今確認しようとしてたの!






カバンを漁ると小さめの封筒。


中からはリボンがついた鍵。









あなた

これって...

カ)スンチョル
カ)スンチョル
困ったらいつでもおいで?
あなた

......どうして...

カ)スンチョル
カ)スンチョル
んーーーあなたちゃんならあげてもいいかなーって思ったから、かな
あなた

..........ありがとう、ございます......でも....

カ)スンチョル
カ)スンチョル
いいから持っててよ。お守りくらいの気持ちでいいからさ!
あなた

.........うん。

カ)スンチョル
カ)スンチョル
さー熱は37.2!昨日より随分下がったなあ〜!!
カ)スンチョル
カ)スンチョル
あ!お礼になにかするから、なんか考えておいて!!!
あなた

えっ!?

カ)スンチョル
カ)スンチョル
わかったー?次俺が連絡する時にはちゃんと答え教えてね!
あなた

.......考えておく...

カ)スンチョル
カ)スンチョル
んじゃ!とりあえず一旦切るね!ありがとう!!
あなた

うん!じゃあ、また。







合鍵。


私がこんなものを持っていていいのだろうか。


いつ死ぬかも分からないのに。


治療すら、拒否して、病院にも行っていない。











私は、どうしたらいいんだろう。