無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

253
2021/01/17

第7話

💜💜
元太 side

隣は女子だった。

最悪。

けど、俺の隣になって騒がない女子は初めてだった。
あなた

泉 あなたです…

泉 あなたって学年で1番と言われるほど可愛い人だった気がする。

だからといって俺は興味無い。
ま つ だ げ ん た
俺、女嫌いだから。
ま つ だ げ ん た
気安く話しかけんなよ。
あなた

うん。(そんなことするわけないじゃん。)

あいつは最後に何か言った。

声が小さくてよく聞こえなかった。

チャイムがなるとすぐに女子の元へ向かっていった。

そこには海人もいた。

なぜか目が離せなかった。