第2話

#1
1,202
2023/03/04 13:08
【初配信】俺がユーリ・ディアーブルだ!
待機BGMが流れている

コメント欄には初配信を待つ人達のコメントが流れていく
ーわくわく
ーどんな声だろ
ユーリ
ユーリ
『 やっほ、おまたせ。 』
ーきちゃ!
ーきちゃ!!
ーきちゃー!!
ーえ、声きれいすぎん?
ユーリ
ユーリ
『 長らくおまたせしてごめんね、初めまして。 』
ユーリ
ユーリ
『 俺こそがユーリ・ディアーブル。 』
ユーリ
ユーリ
『 これからよろしくお願いします 』
ーわ、丁寧
ー此奴ホントににじさんじか?
ー清楚枠だな
ユーリ
ユーリ
『 えっと、俺、前の三人みたいに面白くできないからさ、普通に進めて行きましょうか  』
ー草
ーお〜
ー草
カチカチとマウスを動かして用意した画像を映す
ユーリ
ユーリ
『 ばばーん、ということで、こちら見えてるかな? 』
ーなんだこれ
ーみえてるよー!
ーこれなに?
ユーリ
ユーリ
『 プロフィールカード。これに文字打ってあって、 ボタン押したらその文字が出てくる感じ 』
ーなるほど
ーすご
ー説明助かる
カチリとエンターキーを一度押す
ユーリ
ユーリ
『 てことで、まずは名前かな。さっきも言ったけどユーリ・ディアーブル。ユーリとかディアって呼ばれてたりするよ。 』
ユーリ
ユーリ
『 性別は男。 』
ー男の文字がめっちゃでけw
ー強調するなぁ
ーなんか見たことあるぞこの流れ
ユーリ
ユーリ
『 年齢は28で、誕生日は11月30日。お祝いしてくれると嬉しいな〜 』
ーなるほど、そろそろ三十路ってことか
ーりょうかい!!
ーアラサーか
ユーリ
ユーリ
『 ちょ、まて誰アラサーっつったの。まだ28ですしぃ?アラサーじゃないしぃ!! 』
ユーリ
ユーリ
『 おにーさん!おにーさんだからね! 』
ーうるせぇw
ーw
ーへーへーおにーさん(棒)
ユーリ
ユーリ
『 おーい!! 』
ー草
ーwww
ユーリ
ユーリ
『 ごほん、気を取り直して。 』
ユーリ
ユーリ
『 職業!職業は国家錬金術師をしてます。 』
ーやば、すごい人じゃん
ー錬金術師の更に上ってこと?
ー赤髪、錬金術師、おや?
ユーリ
ユーリ
『 まぁ国のすっごい偉い人のとこで働いてるってことね 』
ー案外すごい人だった
ーおー、すご
ユーリ
ユーリ
『 あと身長は176で、えー、多分高めだと思いたいです。 』
ー高いじゃん
ー多分なのね
ユーリ
ユーリ
『 なんか、先輩方みんな高いって噂があるから多分なんだよ 』
ーなるほど
ーたしかに
ーなる
ユーリ
ユーリ
『 あとは自己紹介文かな〜?よし、どん! 』
ユーリ
ユーリ
『 「お城で働く国家錬金術師。バタバタと色んなところに飛んだりもしているため住んでるところに戻ることは少ない。」てことで、基本いろんなところに言って依頼とかをこなしてまーす 』
ーおー!
ーやっぱどっかの誰かとにてんな。
ユーリ
ユーリ
『 とりあえず次、タグかな?これはもう一気にばーんってするね 』
ーいちいちばーんって言い方いいわ
ーぽんぽんだね
また、作ったタグの一覧を画面上に映す
ユーリ
ユーリ
『 てことではい、タグ一覧〜 』
ー見やす
ーわかりやすいなこれ
ユーリ
ユーリ
『 お、見やすい?良かった。 』
ユーリ
ユーリ
『 じゃあまずは君らの名前から。君らは今から見習いさんです!是非仲良くしてね〜 』
ーはーい
ーユーリの見習いってことか。
ーうい
ユーリ
ユーリ
『 よし、次は配信タグ。「#見習いの時間」で、配信中の俺の喋ったこととか配信での感想とか?それを、このタグを使って呟いて欲しいな 』
ー少し説明加えてくれるの助かる
ユーリ
ユーリ
『 次はファンアートタグだね。「#絵ーリ」だよ。基本的イラストだったりコスプレとか?そういうのはこれで。でもR18はR18専用の「#ユーリにははやい」でおねがいしゃす 』
ー把握!
ーり
ーなんではやいなの?
ユーリ
ユーリ
『 なんでユーリにははやいにしたか?それはね、仕事の同僚とか家族に初心うぶ過ぎるとか、そういうのを見るなってよく言われてて。だからそれにさせてもらいました 』
ー成る程
ー初心なのか
ー家族にも言われるんかい
ユーリ
ユーリ
『 言われてるんだよね、なんでだろうか 』
ユーリ
ユーリ
『 よし、お次はこちら、ボイスタグ。これは「#ユーリかっこいいねボイス」で感想言ってね〜 』
ーところどころどっかの錬金術師に似てる
ーおけ
ーシンプルやんね
ユーリ
ユーリ
『 これ妹に考えてもらったんだよね、ありがたい 』
ー妹いるんか!
ーかわいい?
ユーリ
ユーリ
『 「かわいい?」かわいいよ。俺の自慢の妹。 』
ーシスコンっと
ー今度妹さんについて話してね
ユーリ
ユーリ
『 はいはい  』
ユーリ
ユーリ
『 えっと、あ、ファンマーク!ファンマークは「⚖️⏳」ね、 天秤 と 砂時計 で出てくると思うよ。機種によって違うかもだけど。  』
ー⚖️⏳!
ー⚖️⏳
ユーリ
ユーリ
『 そそ!それ!つけてくれると嬉しい! 』
ユーリ
ユーリ
『 よし、これで終わりかな〜?じゃあ時間も余ったし少しお話しようかな 』
ーいぇーい
ーわー!
ユーリ
ユーリ
『 シェリンも言ってたんだけど、花那ちゃんと走ちゃんとシェリンと俺の4人でチューリップ組ってなってて。わかる通り赤色の二人目です。 』
ーちゃん付けなんだ。
ー赤二人目w
ユーリ
ユーリ
『 そそ、赤色の二人目。あ、そだ。俺配信は基本いろんなことするつもりだから、そこんとこよろしくね 』
ーはーい
ーはーく
ーりー
ユーリ
ユーリ
『 ふふっ  ありがとね 』
ユーリ
ユーリ
『 まってホントに時間なかったわ。 』
ユーリ
ユーリ
『 てことで、俺の配信は終わりになります。俺が「次はいつ会える?」と言うので、「また次回」と言ってくれると嬉しいな 』
ーりょかい!!
ーはい!
ーok
ユーリ
ユーリ
『 それじゃ、お疲れさまでした〜!次はいつ会える? 』
ーまた次回!
ーまた次回ー!
ーお疲れさまでしたー!また次回!
ーお疲れさまです!また次回
終わりの挨拶が流れてく中で

配信は終了した

プリ小説オーディオドラマ