無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
あれは…確かまだ小学校の前くらい。
どうしてか私は海にいた。
お父さんは呆れてどっかいって、
お母さんは1ヶ月も帰ってこない。
私は幸せが分からなかった。
けど、歌を歌っているときだけは楽しいと思う。多分。
あの時、私の事を羽衣が包んだ。丁度、歌ってたときだったっけ?そのあとは色々遊んでて、疲れて眠って、気がついたら知らない子供が沢山いるお家にいた。