無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
966
2021/09/29

第35話

番外編 新しい目標
“もふ視点”
うりを探して部屋に入ると……
彼は頬杖をつき、窓の外を見ていた。
その姿は何の気力も起きない、というような表情が合わさり、
まるで人形のようだった。
もふ
もふ
……うり?
うり
うり
……あ、もふくん!
さっきの姿を見なければ、作り笑いだとは分からない。
そんな笑顔で笑いかけてきた。
もふ
もふ
あのさ……
もふ
もふ
…えとさんの好きな人、俺じゃないから。
自分で言って少し悔しい気持ちになる。



でも。







俺は好きな人の幸せを望んでいる。
だから、言う。
もふ
もふ
何か勘違いしてるんじゃない?
って。
うり
うり
勘違い……?
もふ
もふ
例えば……俺がえとさんと付き合ってるとか。
うりは目を丸くして俺の方を見ていた。
ーーーーー図星か。
もふ
もふ
絶対ないから安心して?
うり
うり
……そっかぁ。そっかそっか……
そのこと話してくれてありがとう。
嬉しそうに笑う彼は、
自分よりも年上なのに子供っぽく見えた。

前髪で隠れがちだが顔立ちも整っている。
……まぁ、メンバー全員美男美女なんだけどさ。



そして、俺は思った。
もふ
もふ
えとさんが好きになる理由、分かるわ……(ボソッ)
うり
うり
…え?
もふ
もふ
いや、なんでも。
うりみたいに、他のみんなも普段と違う一面とかあるのかな………



あ、ヤバい。気になってきちゃった。
もふ
もふ
調べてみるかぁ!
俺の心に火がつく。
…どんな目標でも、最後までやり遂げるのが俺のモットーなんだ。
✄-------------------‐-------------------‐------✄‬