無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第92話

🖤


ユナと話し合って


テヒョンを迎えに行くことになった










あ な た
あ な た
 確かここが家だったんだよね  
 ユナ
ユナ
 うわー、楽しみ っ 




インターホンを押しても


誰も出なくて







 ユナ
ユナ
 もっかい、いい ? 





そう言ってユナがもう一度押すと










テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
 はい 、 




聞こえてくるはずのない声が聞こえてきた











あ な た
あ な た
 あれ? テヒョン、? 




next