無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

🖤











テヒョンは直ぐに私の方に来てくれて













あ な た
あ な た
 ちょっとしゃがんで!
テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
 … はい、







不思議そうにしゃがむテヒョンの首を掴んで














そっと力を入れる














テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
 あの …苦しッ
あ な た
あ な た
なんか …癖になりそう








テヒョンは私の腕を強く離して












テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
 っはぁ …俺以外にしちゃダメですよッ
テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
今のッ …。










テヒョンはすごく苦しそうにしていて
















あ な た
あ な た
あ、ごめん …
🌷
 ねぇ …何してたの、?






next