無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第114話

🖤



もう🔞ですからね







シャワーを避けようとするテヒョン







あ な た
あ な た
 あ、そんなことするの  
テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
 いや、、 





シャワーを強くして


もっと近くで当ててみる








テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
 んっ …   
テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
 はぁッ  …強くしたでしょ 、、
あ な た
あ な た
 強くした方がいいでしょ ?  
テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
 よくない、です ッ  





まだ声はでなさそうで


ズボンの中に入れて、当ててみる









テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
 ちょっ、と …ッ 
テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
 当たってる、ん …ッ ハァ 。 




壁にもたれかかって


ビクビクしている







テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
 と、止めて …んッ 、、 



→