無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第96話

🖤


テヒョン side







🌷
 出てきていいよ ? 
テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
 わ、 分かった … 






カッターを俺の首元に押し付けながら


そう言ってきた











ドアを開けた時も


すぐ後ろにいるような気がして


外に出るなんて出来ずで









あ な た
あ な た
 ねぇ、なんか隠してるでしょ  





そう言われた時


耳元で









🌷
 (なんかあったら、先にあなたちゃん殺すね 。 )






そう言われて


首元から冷たい物が離れた








next