無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第104話

🖤


30分くらいたった時


部屋のドアが開いて










🌷
 ご飯持ってきたよ ! 
🌷
 美味しそうでしょ ? 





すごく美味しそうなオムライスが


自分の目の前に置かれて







テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
 これ俺の、? 
🌷
 そうけど ? 




そう言いながら縛りを解いていく


今なら逃げれるかもしれない









🌷
 はいっ! 冷めないうちに食べて 





まぁ、美味しそうだから


食べてから逃げるか、







→